高校の保健室で女子生徒とフェラ・クンニ・その後初体験

  • LINEで送る

高校の授業をサボって保健室で寝てたら同じく授業をサボってやってきた女子にフェラされて、その後クンニもさせてもらいました。

その後ラブホに行ってお互いの初めてを捧げ合ったという僕の初体験の萌えるエッチな体験談です。

その頃の僕は夜中まで家でゲームをしていて寝不足で、授業中にめちゃめちゃ眠くなると体調不良を訴えて保健室で布団でぐっすり寝させてもらう、という行動パターンにはまっていました。

その日も保健室でグーグー寝ていました。布団で寝てるだけで登校したことになるんだから家で寝るよりお得だぜ。と考えていました。

もちろん似たようなことをやっている生徒は他にもいます。そのうちの一人が七海でした。七海は眠いというわけでもなくただ単に授業をさぼりたいから抜け出してきたようで、僕以外に誰もいない保健室で僕のベッドの横にパイプ椅子を置いて他愛のない、他の生徒の噂話とか、昨日の夜のテレビ番組の話とか、自分の親がうざいとか、まじでどうでもいい話をどんどん話しかけてきました。

僕は間近に七海がいる状態で髪の毛が揺れて、ほんのりシャンプーの匂いがするだけで悶々としてきてしまい、布団を下半身にかぶせて勃起を隠しながら話を続けていました。

童貞が匂いだけでも勃起しちゃうのわかりますよね。

かっこつけて

「眠ぃい~よ。お前眠くないのかよ?」

とかわざとだるそうに対応していました。

その時に、七海の顎くらいまでの長さに切りそろえられた黒髪ぱっつんのヘアスタイルの、前髪を止めていたヘアピンが飛んで、僕の寝ていた布団の上あたりに落ちました。

七海はヘアピンを探すために

「あれ?どこだ~?」

「下に落ちてないと思うんだけど、ちょっと失礼!」

とか言いながら僕の布団をめくって一生懸命探し始めました。

当然布団をめくられたので、僕の制服の中で 見事に勃起した僕のチンコは、数十センチの距離で七海に目撃されてしまいました。

七海は

「あれあれあれ~~??なんでおっきくなってるの?」

と言って軽く触るか触らないかぐらいの、冗談めかしたデコピンを僕のペニスにかましてきました。

しかし当然ながら僕は女の子にペニスを触られること自体が初めてです。

「う!!」

と声を出して反応しました。

七海は

「ごめん!痛かった?」

と言って撫でてきました。

勃起したペニスを撫でられたら僕はもう

「うおおおお……。」

と声を出す以外にありません。

七海は僕の反応を面白がり始めました。

「ねえねえ、ちょっと見せてよ。」

「何言ってんだ。正気か?」

「単純に興味あるから見せて。」

としつこく七海が僕の胴体を揺さぶってきました。

僕は諦めというか、その後何かいいことがあるのを期待して、七海にペニスを見せる決意を固めました。

ベルトを外してシャーっとジッパー下ろして勢いよく七海にペニスを見せました。

七海は大げさに手で口を押さえながら

「うわー!!大きいバナナみたい!!」

とびっくりしてみせました。

数秒間まじまじと観察した後七海は指でツンツンしながら、

「ちょっと触ってもいい?」

と聞いてきました。

そして思ったよりも勢いよくもぎゅっと僕のペニスを掴んできました。

僕は無言で

「ハッ!!!」

と息を呑み、もちろんペニスを別の生き物にビクッと脈打ちました。

七海は

「もしかしてこれ気持ちいいの?」

と聞いてきて、僕は

「そのまま動かしてください…。」

と懇願しました。

七海は

「こんなちょっとで気持ちいいんだ。」

と興味津々でシコシコと僕のペニスをしごき続けました 。

僕は七海に3回ぐらい擦られた時点でもう射精を絶対避けられない状態に陥りました。「出ちゃうよ!!口で受け止めて。」

と夢中で言って、僕は上半身を起こし、七海の頭を僕のペニスに向かって押し付けました。

七海は「マジで?」

僕は「マジで出る!出る!今すぐ出る!」と連呼しました。

七海は

「わわ、わかったよ…。」

と言って僕のペニスを咥えました。

僕は一秒でも長く七海にフェラしてほしくて、七海の頭を抑えたまま軽く上下に揺さぶるように誘導させて強制フェラしました。

七海は「うん~~う~~ん!!」と声をあげて僕の大きくなったペニスを訳も分からずフェラし続けました。

この辺りの流れは僕がペニスを七海に見せてからせいぜい5分ぐらいだったと思います。僕は七海に強制フェラさせたことで、信じられないくらいの量の精液をドボドボと口の中に発射しました。

七海が思わず口を開いたので、七海の口から逆流してきた精液が僕の制服のズボンや ワイシャツの裾、自分の陰毛にベタベタ~~と付きました。

七海は自分のカバンからティッシュを取り出し、最初に自分の口を拭き、僕の股の周りも拭いてくれました。

七海は

「こんなにたくさん出るなんて知らなかった。恥ずかしかったでしょ。ごめんね。」

と素直に謝ってきました。

僕はむしろお礼を言いたい気持ちでしたがその時は言えませんでした。

それからしばらく、僕と七海は保健室で顔を合わせても口をきかない微妙な関係でした。しかし僕は七海にあんなに気持ちよくさせてもらったんだから、次は僕が男として七海をクンニして気持ちよくしてあげる番だという使命感に燃えていました。

そのチャンスは2週間後ぐらいに訪れました。僕と七海は保健室で二人きりになったのです。

僕はベッドから起き上がって七海がゴロゴロしながら文庫本を読んでるところに行き、「この前はいきなり出しちゃってごめん。気持ちよかったお礼も言えなくてごめん。」

と謝りました。

七海は

「私の方こそ急に触っちゃってごめんね。」

と言いました。

僕は

「いいんだ。それより僕めちゃくちゃ気持ちよかったから僕も七海を…。」

といました。

それ以上は何も言いませんでしたが七海は察したようでした。

「じゃあ…バレないようにしてね。あと、見るのはだめ。」

言うと自分の胸から太ももぐらいまでの部分に布団をかぶせて隠しました。

その後、僕は布団の中に手を突っ込み最初は七海の制服のシャツの中で、おっぱいもみ乳首を触りました。

そして七海は布団の中でパンツを脱いだので、僕は布団をめくろうとしました。

七海は

「だめ!見るのは絶対ダメ!」

と言いました。

僕は真っ暗闇の布団の中に潜り込んで初めて女の子のあそこをクンニしました。

めちゃくちゃに舐めまくってクンニすると小さな豆のようなコリコリした部分を発見しました。クリトリスでした。

最初のうちは僕にクンニされながら、七海は僕の目で直接おまんこを見られないように 上からずっと布団をかぶせて真っ暗闇を維持しました。

僕は窒息しそうになりながらクンニを続けました。

初めてのクンニでも、特にクリトリスを舐めた時の反応は布団を被せられていても、布団の外で七海がビクンビクンとなっているのが感じられるほどでした。

次第に僕のクンニのボルテージが上がって、舌の先をつりそうになりそうなぐらいのスピードでべろべろべろと猛烈な勢いでクリトリスを舐めると、七海が布団を上から押さえつける力が弱くなってきました。

僕はそ~っと布団の裾をめくり、蛍光灯の光で七海のおまんこをガン見しながらクンニしました。

七海のまんこは童貞の僕にとってはぐにょぐにょしたグロテスクな形をしていましたが、さっき七海が特に感じたクリトリスが艶々になって硬くなっているのが見えました。僕はクリトリスのまわりのビラビラを引っ張りながらクンニするとますます七海が悶えることを学びました。僕は大興奮で、よく見えるようになった分ますますピンポイントで七海の感じる部分を攻めることができました。

七海はそのまま、10分間程度の短時間のクンニで、足をバタつかせながら絶頂に達しました。

僕は僕で、クンニをしながら知らず知らずのうちに勇気のふくらはぎのあたりにちんこ押し付けていたので、パンツの中で一緒に射精してしまいました。

それから僕と七海が、週末に私服で大学生カップルの振りをして隣町のラブホに入り、初体験を済ませるまでにそれほどの時間はかかりませんでした。


  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA