高校の同級生と再会して、その日のうちにクンニしてフェラして騎乗位で潮吹きした夜

  • LINEで送る

高校時代のクラスメイトの女子と12年ぶりの再会をして、盛り上がってそのままホテルに行って、まるで恋人のようにクンニとフェラをした後、騎乗位で潮吹きまでさせたという萌えるエッチな体験談です。

まず、高校時代に僕と佳代は1年と2年で同じクラスでしたが、特に仲が良かったわけではありませんでした。確かに僕は授業中に佳代を眺めながら、大人しそうだけどかわいい子だなあ。大人になってあか抜けたら美人になって、いい旦那さん貰うんだろうなあ。なんて妄想した対象の一人ではありました。とはいっても佳代から見た僕がどうだったのかはわかりません。当時の佳代はショートヘアのバドミントン部、華奢で色白のいかにも清楚な爽やか女子高生でした。

そして、月日が流れた12年後のこの前のことです。その時まで僕の中で佳代は思い出の中の一人でした。

会社のコンプライアンスに関する外部研修会で200人ぐらいの参加者の中に佳代がいたのです。最初は思い出せませんでした。綺麗な人がいてどっかで見たことあるな程度でした。

しかし、佳代のほうから声を掛けてきて「高校で一緒だった〇〇くんだよね!」と言われた声で気付きました。

僕は「ああ、佳代ちゃん!こんなところで!久しぶり!」とそこまでの仲ではなかったのにハイテンションに応じてしまい気まずく感じました。

お互い一人参加のつまらない研修会で、話し相手がいなかったので終わった後すぐ飲みに行きました。佳代も僕と同じように大企業の総務部に就職し、悩みの内容も同じなので仕事の内容で意気投合し、お互い恋人を作る暇もなければ出会いもないということまで一致して盛り上がりました。

なんだか、会話をしているうちに僕は高校時代に佳代と付き合ってたかと思うくらいに親し気に話してしまっていました。

お酒の勢いもありました。

僕は店を出ると

「せっかく佳代と再会したのにこのまま帰らせたくない!」と強引に迫ってしまい、佳代はびっくりした表情でしたが僕のノリに流されました。

再会したその日のうちに僕は佳代をホテルに連れ込んだのです。

完全な勢いでした。

ホテルの部屋に入ると僕はサンダルのストラップを外そうとして前かがみになった佳代に既に欲情して我慢できなくなりました。

まだサンダルを脱ぎ終わっていない佳代を、そのまま抱きかかえるようにしてベッドに押し倒しました。

「ちょっと待って!気が早いよ!」

という佳代をよそに、僕は佳代のシャツをめくって中のピンクのブラジャーをずらして中の可愛らしいおっぱいをベロベロと舐めまくりました。

佳代は僕に体を預けながら、ベッドの上で一生懸命サンダルを脱いでいました。

その無防備な仕草はますます僕に火をつけました。

再会自体が奇跡、もうここまで来てしまったら気が早いと思われようが関係ありません。

僕は佳代の、すでにベッドに押し付けられてめくれ上がっていたロングスカートの中のパンストを太ももまで脱がし、その中のピンク色のパンツの上から佳代のクリトリスの部分に噛み付くように吸い付きました。

そしてパンツに染み込んだ愛液を吸い出すようにパンツ越しにクンニを開始しました。

そしてパンツの、股のサイドの部分からアリクイのようにように舌を滑り込ませて、佳代のパンツの中の秘密の部分をクンニしました。

ある程度クリトリスを舐めた後で、僕は佳代のピンク色のパンツをやっと脱がしました。

佳代はすでにかなり感じまくっていて、

「ああん、もう…気が早い…どうして、そんな急に…我慢できないの…。」

と言いながらも、うれしくて泣きそうな顔をして感じまくっていました。

僕は返事もせずに、と言うか返事の代わりに佳代をクンニして答えました。

その後でやっと佳代は気を取り直して、僕のズボンを脱がしはじめてフェラを始めました。

フェラをされている最中も欲情しまくった僕は、手を伸ばして佳代のクリトリスをしつこくしつこく触り続けました。

かわいいクリトリスをクリクリと触るたびに、佳代はフェラをしながら僕のペニスを咥えたまま「う~ん、う~ん!」と声を出しました。

再会した僕たちは、もう言葉ではなくクリトリスへの刺激とフェラの前後運動でコミュニケーションを取っていました。

お互いの高校卒業後の恋愛遍歴も、フェラの加減とクンニへの反応で推測しただけでした。

フェラをされながら、完全に固くなった佳代のクリトリスを指先でリズムよくつまむようにすると、ついに佳代は僕のペニスを咥えてフェラしてる途中でぴくぴくしながらイキました。

佳代がイキながら、僕のペニスを咥えこんで締め上げるようにしたので、僕はもうほとんどそこで射精させられるぐらいの勢いでした。

そして僕は佳代への挿入の体制を取りました。

佳代はすでにびしょびしょに濡れながら、細い脚を肩幅に開いて僕を受け入れました

僕は仰向けに寝そべる佳代のおまんこの襞を左右に右手で広げつつ、左手を自分の固くなったペニスに添えて、亀頭をワレメに合わせました。

そしてグッと力を入れると、ねちょねちょっといやらしい音を出して、亀頭部分が佳代の入り口に吸い込まれました。

しかし細身の佳代のおまんこは想像以上に締まりが良く、そこで締め付けられるような感じで先に進みません。

軽く前後に出し入れすると、「あああん!きもち…い…。」と佳代がいやらしい声を出し、そしておまんこにラブジュースがじわじわと滲み出てきました。

その液と絡めさせて潤滑液にするように、じっくりと挿入していくとついに根元まで入りました。

内部の襞がねっとりと包み込むような、熱い温度の狭いおまんこで、腰をちょっと動かすだけでペニスの外側とおまんこの内側の間に充満した液が割れ目の入り口から染み出してきました。

これは明らかに体の相性がいいというのが分かります。

ネチョネチョと音を出しながら佳代の片足を持ち上げるように、奥へ奥へと押し込んでいくと佳代の小さくて丸いお尻のラインが露わになり、お尻の穴をヒクヒクさせながら感じているのが後ろから丸見えになります。

佳代は「あん!あん!あん!」と言いながら、感じながらも

「あ!あ!この体勢…ちょっと…辛い。」

と言ってきました。

そこで僕は

「じゃあ佳代が上になって。」

と言いました。

佳代はちょっと戸惑うようにしながらも、一旦僕のペニスを外しそして天井に向けてペニスを突き出した僕の上にまたがってきました。

僕は自分のペニスに手を添えながら、また佳代に2度目の挿入をしました。

さっきよりもべちょべちょに濡れて、先端部分が入ったところで佳代がじりじりと腰を落とすと吸い込まれるように奥に入りました。

佳代自身も想像以上に奥に突っ込まれる感覚を感じたのか、天を仰ぎながら

「あああんん!!」

と大きな声を出し

「くっちゃっくっちゃくちゃ」といういやらしい音と共に、夢中で上下運動を始めました。

あんなおしとやかだった佳代が、今は僕の上にまたがって必死にガクガクと腰を上下に振っているのが下から見えます。

小ぶりなおっぱいも、フワフワと上下に揺れています。

お互いに手をつなぎながら、ほとんど佳代が本能的に上下に腰を振りました。

そして佳代は「もうダメ~。」と言いながらもまったく動きを止めることはありません。

僕は締め上げられて下から突き上げる余裕もないので、つないでいた右手を離し下から佳代のクリトリスを触りました。

僕にクリトリスを指でねちゃねちゃと触られながら、腰を上下運動すると佳代はおまんこの内部のGスポットと外側のクリトリスを同時に刺激された状態になり、今までに感じたことのない快感を感じたようです。

そして泣きそうな声で

「なんか変、なんか変、やばいやばい!」

と訴えてきました。

そしてその後で、佳代のおまんこからすごい勢いで液体が出てきました。

それはさっきまでのラブジュースではなく、おしっこでもなく正真正銘の潮吹きでした。

僕のへそから下のあたりはサラサラした透明の佳代の潮でびしょびしょになりました。

それを見ながら佳代は

「どうしよう、どうしよう…。」

と言いながらもどんどん腰を振りまくりました。

そして僕はその激しさに負けて佳代の中で射精してしまいました。

そのままぐったりと前のめりに倒れこんできて、僕と佳代はしばらく挿入状態のまま抱き合いました。

佳代は中出しされたことに気がつかない程感じまくっていたようです。

本当に勢いでした。その後どうなったかというと、僕は佳代に翌日連絡して付き合おうとしました。

でも、冷静になった佳代は「やっぱり昨日のことはなかったことにしましょう。」とそっけない返事。もしかしたら中出しに後から気付いて嫌われたのかもしれません。

その後に多様な外部研修に出るたびに僕は佳代の姿を探すのですが、もういませんでした。やっぱりあの夜のことは、単なるお互いの勢いだったということでした。


  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA