【エッチ体験談】大学生Y子とのセックス体験談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Y子と知り合ったのは、雑誌に載っていたメル友募集サイトがきっかけだった。

そこはいわゆる「出会い系」ではなく健全な所だったし、自分も多忙な仕事の息抜き程度のつもりだったのであまり会う事までは考えておらず、趣味のバイクと温泉の話ができればいいな…程度の気持ちで登録したら、その翌日位に一番初めにメールをくれたのがY子だった。

その時俺は28歳、Y子は大学4回生だったので21or22歳だったかな?趣味が同じだった事もあって結構すぐに仲良くなり、2ヶ月位で一緒にツーリングする仲になった。

初めて会ったY子はメールの印象通りボーイッシュな感じ。

美人では無いが割と可愛い。

肩に少しかかる位のショートヘア、身長は150cm代後半(160cm弱)位はあるが、体型はかなり細い。

その小柄な身体で某1200ccネイキッドをそこそこ上手に乗りこなしていた。

その後も2回程一緒に走って、メールのやり取りを重ねているうちに九州の温泉の話になった。

俺はそれまで職場がちょっと忙しく、休日出勤の代休や年次有給が溜まりまくっていた為、9月に日・祝日をからめて8日間の連休をもらえる事になっていて、その時に九州に行くつもりだった。

そこで半分以上冗談のつもりで「Y子ちゃん、一緒に行かない(笑)?」と聞いてみたところ、何とOKの返事が出てしまった。

向こうは学生なので、往復のフェリー代は俺が持ってあげる事になったけど。

さすがに二人で泊りがけのツーリングともなれば、ナニかを期待するなという方が無理(wしかしそれまでに会った時には、本当に「ただの普通のツーリング友達」って雰囲気だったし、向こうもサバサバしてるから、そっち方面はあんまり考えて無いようにも思える。

まぁ一応初日だけは別々の部屋で宿を予約しておいて、その後は成り行きまかせって事に…。

そんなこんなで出発当日。

仕事を早めに切り上げて、雨の降る中、とあるSAで待ち合わせ。

あいにくの雨はフェリーに乗ってからも激しく降り続き、Y子が少し憂鬱な顔をしていたので、ちょっとネタを振ってみた。

「俺の念力でこの雨止ませてみせるから、もし九州に上陸した時に雨が止んでたら、 一つ目の温泉(※貸切の露天風呂)にバスタオルだけで入ってきてくれる?」駄目だったら昼飯に美味しい地鶏おごるから、と言うと、その賭けに乗ってきた。

でも、この時点で外は大雨。

俺自身もほとんど期待はしていなかったのだが…。

翌朝、別府港到着1時間前。

…雨止んでる。

それどころか薄日も差してる。

エ  ロ  の  ネ申  が  舞  い  降  り  た  の  か  ?  (w湯布院の街並やミルクロードの爽快な風景の中を走りながらも、頭の半分位はその後の温泉が占めていた(w昼過ぎ位に目的地の某温泉へ到着。

20分程先客があがってくるのを待つ間、Y子が恥ずかしそうな顔をしている。

その顔を見て「…あのさ、昨夜の賭けは半分冗談だったから…水着でもいいよー」とか言ってしまう莫迦な俺。

頭の中でもう一人の俺が『おまえ何言ってんだゴルァ!』と暴れていたが、結果的にはこの一言が好印象を与えたのか、順番が回ってきた後、Y子はちゃんとバスタオル姿で入ってきた。

入る時とあがる時の「あっち向いてて〜」というお願いは聞いたが、こっちは正直、一緒に入ってる間中、白い手足や濡れたタオル越しの体のラインにボッキしっぱなし…バレてただろうなぁ

(wその後風呂から出て服を着る時、壁一枚向こうにいるY子に「しまった、先に来て壁に穴空けとけばよかった〜」等と莫迦話しながら冗談で壁をさぐる…と。

…げげっ、マジで穴開いてる。

…はい、誘惑には勝てませんでした。

割と貧乳&下の毛は濃いめ。

その晩のオカズに最適でした(w翌日は朝から阿蘇の有名な某混浴温泉に。

昨日で吹っ切れたのか、Y子は今日もバスタオルのみ。

周りのおばちゃん方に「湯舟の底に溜まった泥を塗ると、お肌がツルツルになるよ〜」と言われたので、早速顔や腕に塗るY子…が、片手でしっかりバスタオルの端を押さえていたので、上手く塗れないらしい。

そこで「仕方ないな〜」とか言いつつ、うなじから背中や肩から鎖骨のあたりに俺が塗ってあげる事に。

…柔らかい感触に、またもや反応してしまいそうに…昨日と違って今日は周りの眼があるのでヤバい(wその後ループ橋やえびの高原の温泉等に寄ってから、今夜の宿泊予定地の宮崎市内へ。

夕方から降り出した雨の中を走り続けたので、PM7時頃に宮崎駅に到着した頃には二人ともヘトヘト。

駅から電話帳で探したビジネスホテルへTELした時に、横のY子に聞こえるようにツインの部屋を予約した。

…Y子は何も言わない。

これで期待は最高潮へ。

部屋に荷物を置いて、近くのファミレスで夕食を取った後、コンビニでお酒を仕入れて戻ってくる。

別々にシャワーで汗を流した後、飲みながら話しているうち、疲れが出たのかY子がうつらうつらし始めた。

(…おいこら、寝るなよ!これからが大事なんだろうが!)という心の声とは裏腹に「大丈夫?今日は疲れちゃったし、少し横になっておく?」と声をかける。

Y子はただ眠いのかそれともお酒に酔っているのか、椅子に座ったままフニャフニャになっているので、仕方なくお姫さま抱っこでベッドに運ぶと、俺の首に腕を回して軽く抱きつくような格好になった。

(…これは、その…多分、いいって事だよな。

うん。

)こっちはもうすっかりその気でベッドにY子を横たえる…途端に聞こえる、Y子の寝息…寝やがった…_| ̄|○。

(本当に文章まとめるの下手だなぁ…ここまで長過ぎ。

スマソ)…と思ってたが、1時間程でY子も眼を覚ます。

その後同じベッドに座ってTVを見ている時に、「Y子ちゃんって、ここくすぐったい?」とか言いながら、脇腹や脚やらを触りまくるが、嫌な顔はしない。

そして見ていた番組も終わり、日付けも変わった頃。

「それじゃおやすみ〜」とY子がそのまま横たわる。

…あ、もう駄目。

俺も「おやすみ」と言いながら、そのままY子の隣で横になり、布団を被る。

「え、一緒に寝るつもり?」とか言ってるY子をあしらい、いよいよ本題。

「…あのね、さっきの…Y子ちゃんのくすぐったい所、わかったよー」「えー、何処だと思う?」Tシャツの裾からするすると左手を入れる。

「…ここでしょ?」…小振りな胸を撫でるように触る。

「えー、別にくすぐったくないけど…」「本当?我慢してるんでしょー」と言いつつ、今度は両手で…。

「…あー、何か手入ってきてるし…触ってる〜」非難にも取れる台詞。

だけど抵抗は無い。

「手じゃダメなのかなぁ…それじゃあ、と」そのままTシャツを捲り上げる。

昨日こっそりと覗き見した、小振りな胸とその先端が露になる。

今は暗いので分かりにくいが、そう綺麗な色では無かったような…。

先端を左右交互に口に含み、舌で転がす。

Y子の「…ん…くぅ…」という声が微かに漏れ出す。

しばらく胸を弄んでから、一度上体を起こしてもらい、Tシャツを脱がすついでにキスする。

…そう言えば先に胸触ったのにまだキスしてなかったなーなどと、なぜかここで気づく変な俺(wそしてY子のジーンズのホックに手をかける…と、ここで初めて少し抵抗らしきものがあった。

「どうしたの?」「…あのね、ちょっと恥ずかしいかも…」「…?」ここまで来て今さら恥ずかしいも何もなさそうなものだが…と思いながら、何とかジーンズを脱がし、あまり色気の無いシンプルなショーツを脱がす…ん?股の辺りが何かゴワゴワしてる…。

Y子は生理中だった。

ショーツには貼付けるタイプのナプキンが着いていた。

知識としては知っていたけど、実際に装着中を見たのは初めてだったので、何か妙に生々しかった。

暗さにも徐々に目が慣れてきて、この頃には窓からの明かりだけでも充分になっていた。

あらためて見るY子の身体は、かなり細くて胸も無いし、正直あまりスタイルがいい方ではないと思う。

…思うが、それでもかなり興奮した。

バイクに乗ってる時とは全然違う“女”を感じた。

全身を触り、舐め、弄り、少しづつ高めていく。

今まで聞いた事もなかったY子のワンオクターブ上の声。

生理中だからか、大事な所だけはY子に舐めるのを拒否されたので、指で丁寧に弄くって濡らしていく。

かなり高めたところで、こっちももう我慢の限界。

Y子の脚を広げ、正常位で繋がっていく。

ツーリング前に一応用意しておいたゴムを荷物から取り出すタイミングが無かったので、そのまま生で…。

隣の部屋に声が漏れるのを恥ずかしがってか「…ふ…くぅん……ひゃ…ぁうぅ……」と、声はかなり控えめ。

Y子はよく濡れるタイプらしいが、少し緩めなのか、それともお酒のせいか、昨日抜いたばかりだからか(wいつもは早めな俺がかなり余裕をもっていろいろな形で楽しめた。

1R目は正常位で放出。

2R目はY子から積極的にフェラしてきたり、上になって腰を使ったりしてきた。

前の男に教育されたのかかなり上手で、たった2回で最後の一滴までしぼり取られた感じだった。

さすがに眠くなってきたので、2R目が終わってすぐにそのまま眠りに落ちた。

眠る直前、Y子がポツリと「…赤ちゃんできちゃうかもぉ(w」とか言ってたのをうっすら覚えている。

翌日からも九州ツーリングを続け、Y子とは2日後にもHしたが、旅行直後にちょっとした事でケンカ別れした。

バイクショップ経由の噂で、就職できなくて田舎に帰った所までは知っているが、その後は消息不明。

そして現在、新しい彼女と婚約直前の俺は、ある日突然どこかで会わないように祈るばかりです。

…なんかひたすら長文な上に、肝心の所の描写が下手で重ね重ねスマソ。

付き合ってくれた人、ありがとうです。

追記。

俺、大阪の人間なので、台詞は本来は関西弁です。

ただ「ホンマかぁ?我慢してんねやろー」とかだと様にならないので、文章中では標準語にしてみました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*