【萌えろ体験談】ヤバイ。好きになりそうだ。何度でも勃起する。【エロ体験談・禁断の調教】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

先週、かみさんの実家に遊びに行った時の話。
かみさんの姉の娘と、ついにやっちゃいました。

かれこれ10越しの事になるんだけど。。
10年前から、かみさんの実家に遊びに行ってて、その姪はまだ小学生だったんだよね。
みゆきって言うその姪は、田舎の子って感じだった。
まあ、小学5年生のワリには胸があったが。

たまに行くたびに変化していったが。中学生になり、高校生になり、それなりに変わっていったんだ。
で去年に19歳になった、みゆきは社会人になり、ドラムカン体型だったのが、ウエストくびれてきてしっかりメイクするようになり、服装も体型が分かるような物を着るようになってきた。
 
かみさんの姉は姪が赤ちゃんの頃、旦那と別れ実家に戻り同居していた。
俺が遊びに行くようになって、なついてくれた。
お兄ちゃんお兄ちゃんて(義理の叔父なのだが) 。
俺は元々巨乳フェチだったが、ロリではなかった。

で、かみさんと子供達を両親が遊びに連れ出した。
俺が昼まで寝ている間に。
田舎の家なんで、何にも無い。
俺は勝手に冷蔵庫からビールを取り出し飲んでいた。

みゆきも自分の部屋から出てきて、居間に来た。
「お兄ちゃん、みゆきも飲んでいい?」と聞いてきた。
別に断ることも無くビールを注いだ。

調子に乗って、大瓶のビールを2人で飲んだ。
気がつけば、みゆきが俺のそばにいた。
何か自然にキスしてしまった。
こいつが、やたら上手いキスで、いやらしいキスで。俺は勃起してしまい、みゆきも気づいた。

それが、俺の股間をまさぐってきたんだよねぇ。
これは、ヤルしかないでしょう。
しかし、居間ってーのが抵抗あって。
みゆきも、それを察したのか「みゆきの部屋に行こ」って俺の手を引く。

そーいや、みゆきの部屋には入った事無い。
もうヤル気まんまんだった俺は、いそいそ付いてった。
 
女の子の匂いがする部屋に入り、すぐみゆきを押し倒しTシャツを剥ぎ取るとかなりデカイ乳が現れ、急いでブラを外すと、綺麗な垂れてない乳が出た。

乳首もピンク色だし、かみさんのとは比べ物にならない。
もう、むしゃぶりついたね。みゆきの感度も良く、すっかりオマンコの方もグッショリだった。

夢中でクンニしたら、よがるよがる。
声がデカイ。まあ、周りに家が無いんで大胆に声を出しても、構わないんだけど。

みゆきの母さんも仕事に行っていないし、俺も大胆にやろうと思い、部屋の窓を開け、窓際に立ってフェラさせた。
19歳って、こんなにセックスが上手いのだろうか。
アナル舐めまでしてきたのには、ビックリさせられた。

みゆきを窓の縁に手を着かせ、バックから思いっきり付き立てた。
以前からやってみたかったソフト露出だか(かみさんは嫌がってダメだった) 思いのほか気持ちいい。
みゆきも興奮してるみたい。

みゆきを窓の縁に座らせ、入れてから両腕を掴み、腰を振った。みゆきは、両足を俺の腰に絡ませてくる。
上半身が窓の外に出た。
構わず突きまくり、中出しの許可を貰ったので、たっぷり注ぎ込んだ。

「お兄ちゃん気持ち良すぎぃ」俺も久々に満足のセックスだ。
それにしても、良く見るとエロい体になったもんだ。

「お兄ちゃん、まだやる?みゆきはしたい」
「何時みんな帰って来るかわかんないよ」
「だったら、ラブホ行こうよ」 なんて、大胆と言うか貪欲なんだ。

俺は、スケベな女が大好き。
かみさんとは、2人目が出来てからセックスレス気味。
しかも、本当に普通のセックス。つまらなくなっていた。

俺達は、みゆき運転の車に乗りラブホに。
この辺りのラブホは知らないので、みゆき任せだ。
それから、夕方までヤリまくり実家に帰ると、まだ誰もいない。
俺達は、家の勝手口に行って、立ちバックで蚊に刺されながら突きまくった。

 

それが土曜日の午後。
腰がガクガクになりながら、居間に戻りビール飲んでた。
頭の中は、みゆきの体で一杯。
その後、家族みんなで夕食を食べたが、俺はみゆきの胸ばかり見てた。

夕食後、TVを見てたら、俺の携帯にメールが。みゆきだった。
「お兄ちゃん、みゆきのアソコ、まだお兄ちゃんのが入ってるみたい。ハアトマーク」
すかさず俺も返信「今夜、皆が寝たら、みゆきの部屋に行ってい?」「いいよ」

俺は、あまり酒に強くないかみさんに、酒を勧め酔わせる作戦。大成功。
かみさんは酔ってから寝ると、朝まで起きない。子供達も寝付けば朝までグッスリ。

夜這い決行。 みゆきの部屋は母屋からちょっと離れていて、夜這いには持って来いの部屋。
昼間、散々やったのに俺のチンポは立つ。
お父さんに貰ったオリジナルまむし酒が効いたんだろうか。

みゆきと色んな体位でハメまくり。
しかも、すべて中出し、口出し、初めてやった顔射。
みゆきの体中、俺のザーメンだらけ。
我ながら良く出すなと思いながら、夜明けまでやりまくった。

俺は、自分の布団に戻ったのが午前5時。
昼まで寝ていたのは言うまでもない。昼頃起きると、居間のテーブルに書置きが。
「じーちゃんばーちゃん子供達と、ディズニーランドに行ってきます」 置いてけぼり。

すると、かみさんから電話が。「あっ 起きた?いくら起こしても起きないから」と。
そうだ、子供達と約束してたんだっけ。
まあいいや。また みゆきと2人っきりだ。

俺は、そのまま みゆきの部屋に行く。
みゆきも起きていて、何も言わずにキス。
恋人同士のような感覚。しばらく忘れていた感覚。
そういえば、土日と みゆきには出かける用事は無いのだろうか?

「なあ、みゆきは彼氏いないの?」
「うん 3ヶ月前に別れたよ」 それじゃあ気兼ねなく出来る。
俺は、物置にあった麻縄を持ってきた。

そう、みゆきを縛る為。SMなんてやったことないが、昨日から感じていたんだけどみゆきはMっ気があるんじゃないかと。
最初は、ふざけた感じで手首だけ縛り、攻めまくった。

やっぱり感じ方が全然違う。
みゆきのいやらしい顔を見てるだけで、何度でも出来る気がしてた。
亀甲縛りだったかな? ええい何でもいいや。みゆきの体を縛る。

俺のザーメン
で光る体がいやらしい。
お約束の、股に麻縄を食い込ませ、イラマチオ。
言葉攻めに弱いみゆきに、エロい言葉を言わしてみた。

「入れてぇ 入れてくださいっ」など。エロ小説に出てくるような言葉を言わせた。
「言わないと 入れてやんないよ」これ、一度言ってみたかった。

昨日のラブホで買ったバイブで攻めながら。
みゆきは、白目を剥いてイッてしまい、そのまま失神しちゃった。

30分ぐらいで、みゆきが意識を取り戻し一言
「絶対 死んだと思った お兄ちゃんとのH  はまるぅ」
俺は、とっくに、このセックスにハマっている。
とにかく、みゆきは拒まない。何でも受け入れてくれる。ヤバイ。好きになりそうだ。何度でも勃起する。

まだいっぱいやりたい事があった。
みゆきにオナニーさせてみた。嫌がるかなと思ったんだけど、やってくれた。
初めて見る、女の子のおなにー。
イキそうになったところで、フェラさせた。
もう夢中でしゃぶる。
俺のザーメンを、みゆきの喉に流し込む。

みゆきは、それだけで体をピクピクさせていた。
最後の攻めは、全裸に麻縄を縛ったままで、玄関まで行き、車に乗せ近くの墓地の駐車場につれていき、車のトランクに手を付かせ、バックから突き上げた。

ここまで来る途中、何台かのダンプと擦れ違った。
ダンプの運ちゃんからは見えていたのか分からないがみゆきは、体をピクピクさせてイッていた。
駐車場に着いた時にはシートが濡れていた。
みゆきは、甲高い声をあげ、また失神してしまった。今度は潮を吹きながら。

それから車に乗せ家に帰り、縄を解いてあげた。
で、今朝、みゆきから動画添付のメールが5通届いた。

みゆきのオナニー動画。これは、昨夜命令しておいた。

当日、かみさんがデジカメとビデオカメラを持って行った為、みゆきを撮れなかった。
再来週また、かみさんの実家に行く予定。今度はどんなプレイをしようか考えてます。
 
 


SNSでもご購読できます。