【萌えろ体験談】言葉責めで、敏感な体がイキまくった【エロ体験談・JC】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
出会い系をはじめて何年目かのとき、遠距離の子をつかまえた。
歳は14歳。中2。
名前は『まい』にしとく。

直メ、写メ交換、電話と、とんとん拍子に話が進んだ。
最初にみつけてからアポまで1週間なかったと思う。
てか、最初の1週間のうちに会えなきゃ、まず、会えない。
 
写メではそれほど劇的にかわいいわけじゃなかった。
が、少女らしい雰囲気はあった。
AKB48の小林香奈ってのに似てた。

電話Hがヤバかった。
まだ幼い声で淫語をいいまくりだった。
すぐイクし。

彼氏はいないらしい。
男性経験は2人。
どれも彼氏らしい。

遠距離だったんで(新幹線で3時間)当然まともに付き合う気もなかったんだが、
付き合うと言ってやったら彼女はノリノリだった。
 
会うまでの数日、ほぼ毎日電話して、電話Hした。

会う当日は夜行バスで現地に向かった。
早朝5時過ぎについてしまい、何もできずにさまよい歩いた。
 
手段は忘れたが24時間営業のサウナを見つけて、そこで風呂に入った。
朝の7時くらいだったと思う。
それまでメールの返信が無かったのでドタキャンされる心配があった。
この手のドタキャン率は非常に高い。

風呂からあがるとメールがきてた。
まい「ほんとうに今日会えるんですよね!?(はぁと)」
とりあえずアポは大丈夫なようだ。

ほぼ時間通りに待ち合わせの場所に。
そこには写メよりも少しかわいい子がいた。

髪はセミロング、服は白と柄のシャツとチェックのミニスカ。
(ミニスカはそう指示した。)
胸は聞いてたとおりそんなに大きくない。
不安なのか緊張なのか、伏し目がちで妙にキョロキョロしてる。
「怖い?」と聞くと、
まい「大丈夫・・・です。でもちょっと緊張します・・・」
と目を合わさずに言った。
まい「写メよりかっこいい・・・ですね」
確実にヤレると思った。

安いパスタ屋で朝飯兼昼飯を食った。何を話したか覚えてない。
映画を観る約束だったので一緒に映画を観ることにした。
二度目以降を確保するのにこういうのは大事と当時は思ってた。

映画まで時間があるのでプリクラを撮ることにした。
プリクラに入った瞬間、キスをした。
まい「んんんーーー・・・!」
と言いながら、体が震えて(痙攣?)力が抜けてった。 
ここで裸になれ、と言うと涙目で無理、と言った。
 
スカートの中に手を突っ込んでパンツの上からクリトリスのあたりをいじると、
「んふーー、んふーー」とものすごい鼻息になった。
必死に口は閉じてた。自分で口を押さえてた。
 
プリクラのカーテンの向こうに、地元のガキどもが見えた。
耳元でみんなに見られてるぞ?というと涙目で俺を軽くにらんだ。
またクリをイジってやると、顔半分をつかむように力んで、「んふふんーー!!んふんーー!!」と言った。
「イッた?」と聞くと、恥ずかしそうに微笑みながらうなずいた。
目はうるんだままだった。

映画は大した映画じゃなかった。
別に観たいわけでもなかったけど人も多かったので、劇場内フェラも手マンもできなかった。
 
ただ、ずっとつないだ手のなかで、指で手の平をくすぐると「・・・ぁ!」と声を出して軽く震えだした。
本当に感じやすい。
あとは指を力いっぱいギュってつかまれて何もできなかった。

映画のあとはラブホへ直行した。
エレベーターの中でキスしたりしたが、割と強く抵抗された。
多分、その場でヤラれると思ったんじゃないか。
 
部屋に入ると明らかに震えてた。
怖い?と聞くと「緊張する・・・」と蚊の鳴くような声で答えた。
 
頭を押さえつけてキスをする。舌を入れると俺の舌を舐めまわしてくる。
まい「はぁあっ、あぁあ・・・あんっ!」
キスだけで吐息がもれてる。本当に感じやすい。
 
そのまま耳を舐めると、さらに声がデカくなる。
まい「うーーーっあぁあーーー!!!」
まい「イク!イッくーーーー!!!」
そう叫ぶと耳を舐めても動かなくなった。
 
しばらく舐め続けると、また目が覚めたように感じだした。
まい「あうーーー、ううーーー、ぁああぁーーー」
この年頃でよくオナニーをする子は本当にイきやすいと思う。
 
ただ、深くイク、というわけではなくイキやすいけど、なんか表面の浅い部分だけでイッてる気がする。

そのまま服を脱がし、乳首を舐める間に2回はイッた。
数分に1回はイッてると思う。
足を広げると、ビラビラが少しはみ出てはいるがピンクのマンコが出てきた。

もうずっと濡れていて、パンツを脱がしたときにムワっという熱気があがったような気がした。
マン汁のニオイがたちこめる。
 

まい「イク!イク!いーーーうーーー・・・あーーーー・・・」
クリのあたりをなめまわすと、さっきよりもイク頻度が多くなった。
 
あまりにイクのが簡単すぎて演技しているのかとも思えるくらいだが。
14歳がお金目的でもないのに演技する理由もない。
それにイク一瞬、目を見開く瞬間があり、その目が完全にラリってるような目だった。

もう十分濡れていていつでも突っ込めるけど、フェラさせることにした。
フェラは自分で得意だと言っていた。
まい「はぁはぁ・・・ん・・・」
ちゅぷっ・・・とい音を立てて、かなり口を広げてチンポを飲み込む。
 
亀頭をペロペロと舐めまわすが、正直、そんなにうまいほどじゃない。
同級生ならそれだけでかなりの快感だろうが、こちらはそれほどでもない。
 
唾を口にためて、口の中で頬ではさんでしごくように吸いながら頭を上下させるように指示すると、
正直に一生懸命いうとおりにする。
 
まい「んん・・・じゅぱっ・・・んはっ・・・ちゅっぷ・・・ぐちゅ・・・ん・・・」
口の中で唾液が音をたて、その間から吐息がもれる。
 
口でセックスしてるみたいに想像してみ?というと、
一旦チンポを抜きベッドに顔をうずめて「はあぁぁあぁぁ・・
・」と吐息をもらして軽く痙攣した。
 
電話Hがきいているのか、言葉責めに相当弱くなってるみたいだ。
もう一度頭を押さえつけてストロークさせながら、言葉責めをする。
 
『中学生がこんなフェラしていいのか?』
『お前の口が俺のチンポで犯されてるぞ』と
その言葉を受けるたびに、口とチンポの間からあえぎ声をもらして痙攣する。
 
イケ!と何度も怒鳴ると、チンポをくわえたまま、「んんんんーーーーー!!!」とうめいて動かなくなった。

顔を両手でつかんで持ち上げると、口とチンポの間にネターっと唾液が流れるが、
完全に力が抜けて気にもしていないようだ。
 
あおむけに転がして足を広げてマンコにチンポをあてがうと、
少し意識が戻ったのか、「うううーーーあああーーー」と薄目をあけてうめいた。
 
ふとももをかかえて一気に奥まで突っ込むと、「ああああああああ!!!!」を目を見開いて絶叫した。
 
そのまま高速でピストンする間、
ずっと「ああああぁっ!!!あああああぁっ!!!」と腰の動きに合わせてデカイ声をあげてた。
 
元々声はデカいほうだと思うが、入れるとここまでデカいとは思わなかった。
腕も完全に力が入らず、人形のようにガクガクと揺れているだけだ。
 
チンポ入れてほしかったのか?と聞くと、
まい「ほしかったああぁぁぁぁ!!!ほしかったのおおぉぉぉお!!!」
と絶叫する。

その直後に、

まい「いくうっ!!!イク、イグ、イグッ!!!イッグーーーー!!!」
と絶叫すると、またピタリと動かなくなった。
 
口から泡でも吐いて死ぬんじゃないかと思うぐらいだが、また十秒もたたないうちに
まい「はっ、はっ、はっ、あぁっ、あっ、ああああぁぁぁ!!!!」
と我に返って絶叫しだす。

まいは何度もイッてるので相手を気にすることはない。
「口に出すぞ」というと、
まい「くちっ!のみますっ!だしてっ!イクイク!イクーーーー!!!!」
と出すまでに2回、勝手にイッてた。
 
チンポを抜いて口に持っていくも、自ら積極的に咥えるとかそういうのはなく、
放心状態で口と頬に精子がかけられるのをうけとめてた。
 
しゃぶってキレイにしろというと、少し顔をむけて手でささえながら舐めるも、
最初のフェラのようにただ表面を舐めているだけだった。
 
目が寝起きのように焦点があっていないので、これ以上言ってもムダだと思い、
あとは口のまわりの精子をティッシュで拭いてやった。

しばらくそのままでベッドで寝ていたが、風呂に入るよう促すと、
ゆっくりと起き上がって一緒に風呂に入ってきた。
 
あとは風呂で手マン、風呂あがって全身舐めさせ、2回戦とやって夕方頃帰した。
 
それからしばらくメールしたが、親にバレそうになったから、と一方的に連絡を切れられてもう会えない。
 
まぁ、ひととおりデジカメで写真やムービーを撮ってるんでちょっと惜しいくらいだけどね。
 

SNSでもご購読できます。