【萌えろ体験談】バイト先でローターをつけたままレジに立たされて。【エロ体験談・ローター】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

あたしはミナ。
とあるコンビニでバイトしている女子高生。
自慢じゃないけど、けっこうカワイイ顔してるし、スタイルも胸だけはデカイんだよね。
あ、もちろんデブくてデカイんじゃないよ。
童顔で巨乳ってエロいっていわれる。

あたしはバイトが昼か夕方が多いんだけど、ここのコンビニ結構変な客が多いらしいんだよ。
特に深夜はね、なんか下着つけてない女とか、何人か常連でいるんだって。

なんか、アヤしいオモチャ入れたまま来るヤツとか?!
キャー。見てみたいよね!そんな女!

なんて思ったら最近コイツが昼間にも来るようになったんだ。
で、今、目の前にいます。

「○○円になりま~す。」

周りは気づいてないみたいだけど、あたしはすぐわかったよ。
代金を用意しようとする女を観察してると、急に顔色が変わったんだ。

そしてかすかに聞こえるモーター音。
いや~、夜だけで足りずに昼間で来ちゃってるのか~。淫乱だなぁ。

ん?それにしても、どうしてすぐわかったかって?

それは、ホラ。ねぇ。
あたしもオマ○コにローター仕込まれているからですよ。

え、なんでそんなことしてるかって?それはねぇ…

あの日のあたしは、ちょっとしたレジの入力ミスがあってお客様に迷惑かけちゃったんだ。

ちゃんと謝ってお客様も許してくれたし、他の勤務態度は結構良い方だからさ、全然OKとか思ってたの。

でも、バイト終わりで店長に声かけられ、夕方1人、店長室に呼ばれちゃったんだ。

このコンビニは、元々酒店で、経営してた人がそのまま店長やってて、
これがいわゆるベタ~なオヤジなだよね~。
でも既婚で子供もいるの。

で、普通の事務室みたいのとは別に、店長室っていう狭い部屋があるの。

なんかあると呼ばれる部屋だから、説教部屋とか呼ばれてるらしいよ。

で、その店長室に入ると店長がドンっと座っていた。

「ああ、ミナちゃん。そこ座って。」

店長は、自分の前の椅子を指して言った。
あたしは着替えてて、私服だったから、マイクロミニのデニムスカートに、
キャミソールみたいなカッコで、座ったら見えちゃうじゃんって思いながら、仕方なく座ったの。

「ミナちゃんにしては珍しいよねぇ。
 ミスはしかたないけどさ、やっぱりお客様あっての商売だから~」

ぐだぐだ、ぐだぐだ同じようなことを言う店長。
あたしは適当に相槌打ちながら、反省してるっぽく下を向いていた。

でも、感じてたんだ。
視線がね、スカートの股間の辺り、見てるの。
最悪、オヤジ~。

この店長ね、面接してる時から怪しかったんだ。
イヤらしい目線っていうか、あたしの全身舐めまわすに見てきてさ、キモって思ったけど、
このコンビニ家から近しさ、いつも同じシフトな訳じゃないだろうしいいかなってのが甘かった。

結構、同じシフト入るんだよね。
ま、シフトは店長次第だもんね、あたりまえ っちゃあ、あたりまえなんだけど。

「ミナちゃん聞いてる?!」

このオヤジじゃなかった、店長は立ち上がってくるっとあたしの背後に回りこんだ。
そして、むき出しの肩に手を置いてきた。

「ちょ、止めてください!」

あたしは体をよじらせ、それを外そうとしたが、グッとさらに力をいれて、顔を耳元に寄せて囁いた。

「いいのかな? 今月のバイト代、振り込まなくてもいいんだよ。」

それは、困る。
今月は夏休みで結構頑張ったから、相当な額だ。
動きを止めたあたしに、店長はさらに、胸や太ももを撫で回してきた。

真剣にキモくなり、声を上げるが力ではかなわなず、後ろから囲いこまれるようにして、押さえられる。
ここで騒いでも店内には声が届かなそうだ。

「身をもって反省してくれなきゃ、ホントにバイト代あげないよ。
 その代わりちゃんと反省してくれたらボーナスをあげよう。」

どういうこと?という顔をあたしがしたんだろう、店長が答えてくれた。

「な~に、これから俺の言う通りにさせてくれればいいだけさ。」

そう言うと、後ろからキャミソールをブラジャーごとまくり上げ、あたしの胸を揉み始めた。

「あ、やあ、やめてください!店長ぅ。」

「うはあ、思ってた以上に大きなオッパイだねぇ。」

店長はあたしを無視して、胸を揉み続ける。

実はオッパイがかなり性感帯なあたし。

左右微妙に違う動きを加え、揉みしだかれ、首筋や耳を舐められると、さらにその快感が増す。

「あう、ああ、いやああ・・・。」

「感じてきちゃった?オッパイ気持ちいいんだ?」

そう言って、今度は胸の突起に集中的に刺激を与え始める。

指先でクリクリしたかと思うと、キュッとつねってみたり、またオッパイ全体を包み込んでみたり。

「はあん、ダメですうぅ。
 いやあん、ああん、あんっ!いいっ!」

さらに店長は前に回りこみ、顔を胸に近づける。

「ひあっ!」

あたしはビクっと体を感じさせる、オヤジの熱い舌で乳首を舐め上げられたのだ。
今度は口と、手の両方で胸を責め立てる。
優しく吸い上げたらり、歯を立てたりと、絶え間なく弄ぶ。

「ムチュ、チュクぅ、ぷはっ、ミナちゃんのオッパイおいしいねぇ。」

「ふあっ!ああ、いやあ、恥ずかしい…。てん…ちょ…うぅ。」

オッパイの刺激に酔いしれるあたしにまた新たな刺激が加えられた。
スカートの中に手が差し入れられ、割れ目を撫でられたのだ。

「はんっ・・・んっ。
 ダメですぅ・・・そこはああ、ああんっ!」

あたしは、こんなに感じたことあった?ってくらい感じちゃっていた。

そっか、今までの彼氏とかった若かったから、
前戯もそこそこに入れて出して終わりってSEXだったけど、
このオヤジ、ただのオヤジじゃねぇ!上手いんだ!

パンティの上からなぞっていた指を、スイっとすべりこませ、直にアソコを触ってきた。

「ダメェ汚いからあ・・・。」

「ん~?汚いの?見てみないとわからないなあ。」

そう言って店長はあたしをそばの机に向かって立たせ、
上半身を机に押さえつけお尻を後ろへ突き出すよう格好にさせた。

そして、スカート持ち上げ、パンティを降ろそうする。

「いやん、店長、ダメです、ダメですぅ。」


手で邪魔をしようとしたが、反抗もむなしく、両手を机にあったネクタイで後ろ手に縛られてしまった。
そして、ズリっとパンティが降ろされる。
完全に脱がされ、濡れ始めたアソコが外気に触れたのを感じ、オマ○コの奥がさらに熱くなる。

「どれどれ~。んん~いい匂いだよミナちゃん。
 ココもピンク色だし、キレイなオマ○コだよ。
 汚くなんてないから舐めさせてねぇ。」

店長は、あたしのアソコを両手で広げ、すでに飛び出た敏感なクリに舌を伸ばしてきた。

「はあん!いやあ、いいっ!んっ、あっあ~ん。」

ピチュ、ビチュといやらしい音が響き始める。
店長は舐めるだけでなく、指をオマ○コに差し入れてきた。

グチュ、グチュ、ピチュぅ。
やっぱりオヤジ!なんていうか、巧すぎるよ~。

「ああん、あん、そこ!あっ、いいっ!
 ひやぅっ・・・あああ、あん、あぁ!店長、いいっ!」

声が止まらず、キモいオヤジだってことも忘れ1回イってしまった。

それでも店長の愛撫は止まらない、したがってあたしのあえぎも止まらない。
ってか止められない。なのに!

「店長すみませ~ん。」

「!」

店長室の外から、先輩店員の声がする。

「なんだい?手が離せないからそこから話してくれる?」

あたしは声を殺すのに必死だった。
ドア一枚隔てて、真面目に仕事をする先輩がいるのに、あたしはこんな格好で悶えているのだ。

急に恥ずかしくなり、顔がカーっとなった。
しかし、店長の手は緩められない。

先輩と会話をするため口が使えない店長は、体を起こし、
ふたたびオッパイとオマ○コを同時に責めだしたのだ。

「・・・なんですけど、どうしたらいいですか?」

クチュクチュとオマ○コをいじるいやらしい音と声にならないあたしのあえぎ声が、
外に漏れはしないかと気にすればするほど感じてしまう。

「ああ、それは××のとことにあるから、それに判子して渡しといて。」

「わかりました、ありがとうございます。」

どうやら、簡単に用が済んで先輩は去っていったようだ。

「ふはあああっ!」

一息ついたあたしのオマ○コを、より激しく店長の指がかき回す。
いやらしい蜜が次から次に溢れ出し、足を伝うのがわかる。

「そろそろ、いいかなあ。
 俺自身もミナちゃんを味わいたいからな。」

チャックを下ろす音が聞こえ、後ろ手に縛られた不自由な体でなんと振り返ると、
そそり立つ店長のモノが目に飛び込んできた。
大きい。しかも太い。
あれが、入っちゃうの?それ、ヤバイでしょ~。

「ほら、欲しいか、これが欲しいのか?」

つつーっと店長のオチン○ンがあたしの割れ目をなぞる、それでけで蜜が溢れてくる。

「ああ、欲しい欲しいです。」

「どこに欲しい?」

「あたしの…に…。」

「ん~?」

「あ、あたしの…オマ○…コに…。」

「ほうれっ!」

ズンっと店長の極太チンポがあたしの中に押し込まれた。

「あううっ!」

あたしは上体を仰け反らせ、それを逃すまいと受け止める。

ズチュ、ズチュ、ズチュ、パン、パン、パンといやらしい音たちと、あたしの感じる声が共鳴する。

「ああ、店長、すごいよぅ…
 あん、もっとお…もっと、奥までぇ…。」

「はっ、はっ、はっ、さすがに…女子高生の…オマンコは締まるなっ!
 …ほらっどうだ!これで、どうだ?」

「はああんっ!いい、気持ちいよぅ!あんっ、あんっ!いいっ…。」

またイってしまったあたしに対し、店長はまだ腰を振り続ける。
どんだけ、パワフルやねんこのオヤジ!

「あん、あん、あんっ!んっ、んっ…はあっ、また、ダメ.…。」

「今度は俺もっ!」

合計3度目の絶頂を迎えるあたしとともに、店長はあたしのお尻に白い液体を吐き出した。

息と服を整えた店長は、あたしを縛っていたネクタイをほどき、
足元に落ちていたパンティで汚されたあたしのお尻を拭く。

ちょっと履けないじゃない!と思ったあたしに店長は、

「このパンティはもらっておくから。
 今日はそのまま帰りな。それから…。」

と言って、机の引き出しから封筒を出し、そこから一万円札を何枚か抜き取りあたしに渡した。

「ほら、ボーナス。バイト代は別にちゃんとあげるから。」

あたしは、それを受け取り、服を直し、でもノーパンのままだけど、ぺこっと頭を下げコンビニを後にした。

一晩たっても、あたしはあの快楽が忘れられなかった。
お金だけじゃない、いままでの人とは違う快楽。
キモいオヤジだし、バイト先の店長なのに。もう一回あたしはして欲しくなった。

それから、店長とは、バイトの前後、店長室でヤリまくった。

店長は、ホントにうまくて、いつも、いつも感じたことないような快感を味わされた。

そして、それはバイト中にも及ぶようになった。

最初は、通りすがりにお尻に触るとか、なんか痴漢チックなものだった。

でもある日、バイトの前の店長室で、初めてローターを使われた。

大人のオモチャなんて使ったことなかったあたしは、簡単にその魅力にはまり感じまくった。

それを見て店長は、面白そうに、そんなに気持ちいいならずっとつけておけと言って、
あたしはそのままローターをアソコに貼り付けて店に出されたのだ。

それから、今、こうやってローターを仕込んだままレジに立たされてるってわけ。

逆にコレなしではもの足りないって感じです。
人にばれずに軽くイクこともできるようになったし。
あ、ホラ、また、イキそう・・・

「ありがとうございます。」

バイブ女の客におつりを渡す時、目があった。

瞬間、あ、イったのばれたなとわかった。

しかし、それはお互いさま。

だってあたしたちみたいな女は、そういう状況にこそ、悦びを感じられるのだから。


SNSでもご購読できます。