【萌えろ体験談】痴女の練習をするはずが、ただのご奉仕M奴隷に。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

俺が大学生だったころの話。
俺が住んでいる部屋の隣にありえないくらい可愛い女の子が引っ越してきた。

みた目は『加藤あい』をさらに整えた感じで、色白で胸も大きめ(後にDと判明)、
人当たりもよく今まで周りに愛されて育ったのがよくわかる素直な良い子。
(名前はアイとしておきます)

アイはたまたま俺と同じ大学の新入生で同じサークルにやってきて、
サークルの全男子のハートを鷲づかみしたらしく、ほぼ全ての男子に告白されたといっていました。

当の俺は、残念な見た目と「いろいろ相談される先輩」のポジションの居心地の良さから、
完全に良いお兄さん状態。
アイに対して恋愛感情などは抱くことなく、一緒にご飯を食べたり、勉強を教えたり(同じ学部)、
相談に乗ったりして仲の良い兄妹を楽しんでいました。

アイも周りから「(俺)さんと付き合っているの?」と聞かれることがよくあるらしく、
そういう時は「優しくて頼りになるお兄ちゃん(ハート)」と答えているようでした(涙)

冬が近づく頃に、アイが「(俺)さんに相談があるんです」とやってきました。


うしたのかと話を聞いてみると、どうやら彼氏ができたようで、相手はバイト先の高校一年生。
俺は嫉妬心とかは全く無く(アイに対して恋愛感情は本当に無
い)、それでどうしたどうしたと聞いていきます。

相手は小池徹平な感じ(以下徹平君)で男でも惚れてしまいそうな可愛い顔(写メで確認、俺はゲイではな
い)、バイト先でも、お客さん相手でも大人気。
そんな徹平君に告白され、最近付き合いだしたそうだ。

俺はアイが相手が高校生ということに引っかかっているのだと思い、
「大丈夫、愛に年の差は無い(笑)昔巨人にぺタジー二という猛者がいて・・・」とか適当にからかっていると、
「そういうんじゃありません」と殴られました。

「じゃあ、ウェンツっていうゲイのパートナーがいるとか?」と言うと今度はグーで殴られました。
「もういいです、帰ります」とアイ。

「ゴメン、ゴメン、今度はちゃんと聞くから」と俺。
「実は、徹平君はまだ童貞らしくて、私調子に乗っちゃって、
『お姉さんが教えてあげる』みたいなことを言っちゃったんです」顔を真っ赤にしてうつむくアイ。

「おぉ、処女が大きく出ちゃったね」とニヤニヤの俺。
「えっ、何で知ってるんですか?」と涙目のアイ。

「いや、そういうのはなんとなくわかっちゃうから」とニヤニヤが止まらない俺。
「キスも高校の時に女友達と一回しただけですし・・・」と衝撃のアイ。

「ちょっ、その話を詳しく」とニヤニヤMAXの俺。
ファーストキスの話は聞けなかったのですが話を聞いていくと、
今までエッチな本もビデオも見たことがないので、そういうのを貸してほしいということみたいでした。

それならと俺のコレクションの中でも、痴女もののビデオ(DVDではなく)をセレクトして渡します。
アイのうちにはDVDプレイヤーしかないのは判っていたが。

「あのうちにはビデオが見れないんで・・・」

「じゃあ家で見ていくといいよ」

俺は困ってしまうアイの表情を眺めながらDVDを渡そうと思っていたのですが、
アイは「えっ、いいんですか?じゃあ今から見てもいいんですか?」と予想の斜め上な反応をしてきた。

早速ビデオを再生しだして、人生初のアダルトビデオに釘付けになるアイ。
そんなアイを見てニヤニヤしている俺。
そんな俺の視線に気づいて顔を真っ赤にしながら「みないでくださいよぉ~」と抗議するがもちろん却下。

内容は痴女ものなので、若干アイの想像していたものと違ったらしく

「セックスってみんなこんなことするんですか」と小声で聞いてきたので、

「お姉さんが教えてあげる的な内容にしたからこんな感じだけど、
(女家庭教師が童貞の教え子を食べちゃう話)

まぁアイには無理なんだから徹平君に正直に話して、普通にエッチするのが良いよ」と、
ここにきても良いお兄さん風のアドヴァイス。

ところがアイは何か考え事をしているかと思うと意を決したように、

「あのぅ、もう一つお願いがあるんですが・・・(俺)さんのおちんちん見せてもらっていいですか?」

「あの・・・最後までは出来ないんですけど途中までは練習したいんです」とお願いしてきます。

俺はなんでこの子はこう、極端な発想になっちゃうんだろう?と戸惑いつつも、
ここで良いお兄さんの皮を脱いで、狼になる決意をします。

「じゃあ、今から特訓しようか。」と言って服を脱いでベットに腰かけました。

俺は電気を消そうとしたんですが、
アイが「できればちゃんとみたいので電気つけたままでもいいですか?」って、

普通、男女逆の反応するんだけどと苦笑いし
つつも、
足と足の間にチョコンとすわっているアイの頭をなでて、

「とりあえず好きなようにしてみると良いよ」というとオズオズとチンコを触ってきます。

「おチンチンって本当にかたくなるんですね」とか
「ピクピクするんですね」とか一通り感想を述べた後パクッとくわえだしました。

とてもぎこちないのですが、一緒にいるとほとんどの男が振り返るくらい美しい顔のアイが、
俺のチンコをくわえているというだけで、イってしまいそうになります。

「(俺)さん、きもちいいですか・・・?」
「上目遣いで俺のことを見ながら舐めるといいよ」
「こうですか?」

「そうそう、それで、アイスキャンディーを一生懸命舐めて溶かす感じでしゃぶってみて。
早くしないと溶けちゃうから急いで食べる感じ。噛んじゃだめだよ」
というとペースアップしてジュポジュポ音を立てて舐めます。

美しい顔で素直に従うアイには少し感動を覚えます。
「次はもう少し深くくわえてみようか、亀頭でアイの喉の奥をごしごし洗う感じで。
口じゃなくて鼻で息しながらフェラチオすると良いよ」
今度もアイは素直に従います。

チンコへの刺激がハンパ無い上に、美女がよだれをダラダラたらしながらフェラチオをしているという、
視覚的にもかなりツボの状況にイってしまいそうになったので、
なるべく平静を装い「じゃあ次はそのまま口まで俺の体を舐めながら上がってこようか」というと、
よだれをたらしながら徐々に舐めあがってきます。

途中、乳首もべろべろ舐めます。
指示せずとも、先ほど見たビデオの通りに出来るとは優秀な生徒です。

「それじゃあ俺の舌をフェラチオしようか」というと吸い取られるかと思うようくらい激しいディープキス。

先ほどから攻められっぱなしなので、そろそろ反撃に出なくてはと、
アイのシャツを上にずらし背中をそっと撫でるとビクッと反応します。

そのまま太ももわき腹などを撫でた後、ホックを外し美巨乳に手を伸ばすと、
アイは俺を強く抱きしめて動きが止まってしまいました。

かまわず手のひらでコリコリになった乳首を刺激しつつ、ムネ全体を大きく揉み解していると、
舌を絡めたままのアイの口から「んん~~っんふ」と大きく叫ぶので、
口を離して「オッパイ気持ちいの?」と聞くと、顔を真っ赤にして頷きます。

バンザイさせて着ている物を脱がせると、
「恥ずかしいので電気を消してください」と消え入りそうに呟くのですが、先ほどの仕返しとばかりに
「ダメ」と笑顔で返します。

アイの真っ白な体がピンクに染まっているのを愛でつつ、耳から首筋、うなじ、脇、
背中わき腹と舐めるとビクッビクッと震えるんですが、声を出すのは一生懸命我慢しているようです。

「声を出すのを我慢しちゃいけないよ」と耳元で囁くと
「こんなの痴女の特訓じゃないですよ」と涙目のアイ。

「そんなこと無いよ、ビデオのお姉さんもいっぱいエッチな声だしてたでしょ?
それにアイが舐められて気持ちいいところは男の子も気持ちいいんだから」

そのまま下に下がっていきパンツに手をかけると(スカートは上と一緒に脱がしました)
「そこはだめ~~」と拒否反応を示しましたが「特訓、特訓」と聞く耳持たずでパンツを剥ぎ取ります。

アイのあそこはすでに熱を持っていて湿度は200%。ようはすでにトロトロ状態です。

白い肌に映えるピンクのあそこに小さめのクリトリス。
普段はぴちっと閉じているんでしょうが、今は少し開いた膣口からドロドロと液があふれています。

「すごいエッチなことになっているよ」と意地悪を言ってみますが、アイは目をつぶって声を押し殺しています。

サークルのほとんどの男が想像してオナニーしているであろうアイのあそこ。

内モモからあそこの周りをじらすように舐めまわすと「ふぅぁぁああ、んっ・」と吐息が漏れています。

続いて尿道、アナルを舐めると「そこはダメです、んぅふ、あ、きたな・・・いっ」

そして、クリトリスを舌で強く押し付けながら顔を震わせると
「ああああ、いや、ダメ、ヘンなのがくる、ダメ、いやぁぁぁ」と声が大きくなります。

かまわず舐めていると「あぁ、ダメ、でる、でるでるぅぅう」という絶叫と共に潮(おしっこ?)を拭きました。

処女でもここまで感じるモンなんだな。と感心しながらアイを見ると大きく肩で息をしています。

「アイにいっぱいかけられちゃった」って言うとアイは無言で俺の顔を舐めて綺麗にします。

「どうする?まだ特訓続ける?(止めるきはまったくない)」と聞くと無言で頷くので、
足の間に入ってチンコをアイのあそこにこすり付けます。そのままゆっくりと侵入。

こんな可愛いこの処女を奪うなんてこの先絶対にないなと思うと、感動もひとしお。興奮も最高潮。

入り口の当たりで多少痛がりましたが、そのままゆっくりと奥まで進んだところでアイを見てみると、
目から涙を流しています。

少し焦っている俺に気づいたアイが
「これは、エッチしていることに感動して出た涙です。
わたし、初めてが(俺)さんでよかったです」と嬉しい気遣いの一言。

「もう痛くないですから、(俺)さん動いてください」

よし、動こうと思ってもアイの中はトロットロなうえに凶悪なくらいの圧迫感で、
抜くときにも絡みつくような感じなので、気を抜くと一瞬でいってしまいそうです。

アイは入り口周辺は痛いものの奥のほうは気持ちよいらしく、奥を重点的に攻めます。

少しなれてきてアイに、
「(俺)さんのおチンチン気持ちいいです」

「アイはおマンコの奥が感じます」

「アイのスケベなおマンコで(俺)さん、いっぱい気持ち
よくなってください」

などのビデオで覚えたばかりの、現実のセックスでは決して言わない台詞を言わせたところで、

「アイ、もう出そうだっ」とたまらず言うと、

「アイの口の中に(俺)さんのいっぱい出してください」(←これもビデオで覚える)というので遠慮なく口内射精。

我慢に我慢を重ねたのでハンパ無い量が出た。

「アイ、舌の上でいっぱい味わって、そうそう、もっとゆっくり延ばす感じ。それじゃあゴックンしようか。」

こんなこと、普通しないですが、一応痴女の特訓ということで・・・。

特訓としては中途半端な感じになったので、しばらく特訓を続けようということになって、
それから一週間、みっちりと特訓を続け、
どこに出しても恥ずかしくないくらいの痴女お姉さんになったところで、
アイは当初の目的である徹平君との初夜に向かいました。


の日の夜にアイが家にやってきたので、どんな按配だったのか聞いてみた所、
二人でラブホテルに入って、俺としたように徹平君を攻めて見た所、挿入の前に4
回イかせたそうです。

しかも、攻め方がハードすぎたため徹平君がドン引きしたらしく、
結局最後まですることなく(というよりアイは服を脱ぐ間もなかったそ
うです)徹平君は帰ってしまい、
そのまま別れたそうです。

それを聞いて腹を抱えて笑っていると、アイは怒ってしまい、台所にある野菜を投げつけられました。
今でも壁には大根やニンジン、かぼちゃの痕が残っています(涙)

俺は誠心誠意謝り、お詫びとしてこれからも特訓に付き合う約束をして今現在に至ります。

もうすぐアイが卒業するので、それに合わせて結婚するのですが、
友人が「どうやってお前があんな綺麗な子を落としたんだ」と聞いてくるので
「コーチと選手だから」と答えています。

当然、友人には伝わりませんが、アイは顔を真っ赤にしながら「そんなこと他人にばらさないでよ、もぉ」
と照れるのは萌えポイントになっています。

今では、痴女というよりはただの「ご奉仕M奴隷」といった所なんですが、
本人も楽しんでいるのでまぁ良いかと思います。


SNSでもご購読できます。