【萌えろ体験談】パパがバイブを入れてお尻を平手でぶつの。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

初投稿のヤエだょ★お昼はカフェ&夜は飲み屋でがんばる20才!

こんなヤエの秘密…実はパパがいるの。

いつものホテルでシャワーを浴びてベッドへ。

今日は時間があるからって、ゆっくりAVを見ながらいちゃいちゃ☆

パパがヤエの太ももを優しく触る…時間があるのは分かるケド…

ヤエは大音量のAVにもぉムラムラ。するとピンポーン!

ヤエの為にルームサービス頼んでくれてた!ケド?届いたのは…

超フリフリ&ミニのメイドさん衣裳!エプロンも超フリル☆

ヤエの大好物コスプレ開始!さっそく着ると…

「さて、じゃあ 今からココは 〇〇(カフェ)だ!珈琲を作ってもらおうか!」

「えっマジで?」パパはローター付きパンツを履かせました。

ヴィ~ンとクリを刺激!待ってた気持ちよさ!

ヤエが珈琲をやっと作ったら、ブラウスとスカートを脱がされ、エプロン姿に!

やっとローターから解放。「ソコに四つんばいになれ!」って。

お前はテーブルだから動くなよって言って背中にカップを乗せたの!

パパはそのままお尻を舐めだした。「焦らさないで…」

「ウルサイ!テーブルは喋るな!」って噛むの。思わず「あんっ!」

ビクッってするとカップがカチャって!こぼれそうだから、ドキドキ!

今度はローターでクリ攻め!

「あぁっあん…あふぅ。」四つんばいだから足がガクガク…その時カチャン!

「熱っ!」熱い珈琲が背中に!パパは「テーブルのくせにっ!お仕置きだ!」

ってバイブを入れてお尻を平手でぶつの!パチン2!

痛いケド気持ち良くって「あっあん… もっとぉぶってくださぁぃ」って!!

「こんな事されて気持ちいいんかぁヤエはスケベだ」

バイブとローターで限界になってきた。

パチンって叩かれる度

「あっん…はぁ…もぉダメですぅ」お尻突き出したまま倒れこんだヤエのまんこからバイブを抜いて、

バックでIN!ごんごん付いてくるパパのちんこ!

「ほぉら…ほぉら気持ちいいか?」よだれが垂れて

「あひぃ…あぁ!いいよぉっ…ヤエのぉ…きもちぃ…い!」頭が真っ白!!

何度も叩かれる度に声が…「あっ…はぁん」

パパはヤエの乳首を強く引っ張ってクリクリ!もぉダメなのに、もっと壊れたい!

「もっとぉ…あっ…もっ…と」って言うたびに奥まで!

何回イったか分かんない。最後は珈琲の乾いた背中にドロッて!

次はナニを着ようかなっ☆また教えるよ!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。