【萌えろ体験談】ローターの振動で 今にもイってしまいそう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ネットで知り合った彼と最初にデートした時のことです・・・

彼からの命令は
『ショーツをつけないで待ち合わせの場所に来るように』ということでした

ちゃんと洋服を着ているのに美樹のおまんこは、ずっと火照っていて
彼の顔を見たとたん抱きついてしまいました。

彼に支えられるようにして車に乗り込み長く激しいキスを・・・

指定通りの黒いブラとガーターベルト・・・
そしてノーパン・・・彼の指と目がそれを確認して這い回ります。

スカートの中は洪水です。
『ほら・・・もう こんなになってる』
美樹はその言葉で さらに真っ赤になって、
さらにさらに濡らしてしまったのです。
外はまだ明るいし 人目だってある・・・
欲しくて 欲しくて 頭の中はパニック状態・・・

車が走り出しても 彼の指は休んでくれません。

狭い車内に 美樹のいやらしい音が響きます・・・
グチョグチョグチョ・・・

美樹は彼の顔を見ないで ささやきました。
『指を中に入れて』

彼は意地悪く『いやらしいおまんこだな・・・』と叱ります。

無我夢中で腰を動かし 指を入れてくれるのを待ちました。

『指だけで イくんじゃないのか?ほら・・・もうイきそうになってるだろ』
冷たくそう言ったとたん 思い切り指を入れてくれました。

本当に美樹はすぐに果ててしまいました。
だけど一度 入った指は動きを止めてくれません。
美樹が次のお願いをするまで・・・

『欲しいの・・・』
もうホテルまで我慢できなくなっていました。

山の中に向かって車を移動する間にも指は入ったまま・・・

ようやく人目の無いところに到着し、
彼のちんちんにむしゃぶりついた美樹。

興奮は頂点・・・欲しくて 欲しくてたまりません。
挿入してもらうために車外に出た時は 太股までドロドロ・・・

美樹は『淫乱なおまんこ』と叱責されながら、
何週間も待ち焦がれていた彼のちんちんを迎え入れ、精液を浴びたのでした(^.^)

野外でのSEXの後
ホテルにチェックインした美樹と彼。

バッグの中から彼が出してきたものは、
革製のアイマスク・口枷・首輪・手枷・ショーツの形をしたベルト・・・

そして そこにはめ込むようになっている小さなローターでした。

まずはアイマスクを・・・
何も見えなくなったことで、
彼が次に何をしようとしてるのかを想像して、また興奮するのです。

やはり洋服を着せられたまま 首輪・手枷と進みました。

ここで ベッドに倒されて 放置・・・
スカートの裾がめくり上がり、美樹のオマンコは丸見えです。

『ほら また濡れているよ』
彼は 美樹のまんまんがどんな状態になっているかを説明します。

そこは まだ指さえ触れてないのに ドロドロになっていたようです。

とっくに欲しくなっているのに、お願いできないまま、
美樹の口の中には彼の固いモノが入ってきました。

ほんの少し前の SEXの味がする ちんちんでした・・・

美樹のお汁は、どんどん溢れてシーツを汚します。

『淫乱な美樹になるんだ』彼は命令します。

口の中から ちんちんが引き抜かれ、
今度はショーツ型のベルトを付けられました。

前側が三角形になっていて あとは細いベルトだけのものです。

ローターをはめ込みスイッチをいれると、クリトリスに振動が伝わります。

ベッドの横に立たされてブラウスの胸元を開き、
スカートをめくり上げて彼に見てもらいました・・・

いくら まっすぐに立っているようにと言われても、
ローターの振動で今にもイってしまいそう・・・

『あんっ・・だめっ! イくぅ・・・・・』そう言った美樹に
彼は『だめだ 我慢しなさい』と焦らします。

壁に手をついて必死で我慢します。

『イかせて下さいと お願いしなさい』
『イかせて下さい!』
彼は やさしく美樹の体を導いて イスに両手をつけさせました。
彼に向かって お尻を突き出すようなポーズです。

やさしくお尻を撫でられたかと思ったら今度は平手打ちです。

『美樹は 俺の何?』彼は聞きます。
『奴隷・・・』 やっとの思いで答えます。

『よし 良い子だ・・・』
同時に ドロドロに溶けたオマンコの中に
固く大きくなったモノが差し込まれました。

その間もクリトリスに当てられたローターは振動しっぱなし・・・

美樹は またしても すぐにイってしまいました。

この後 何度 イったのか覚えていません。
彼が体を離して 普段のやさしい人に戻った時には
起きあがることさえできなくなってしまっていたのです。


SNSでもご購読できます。