【萌えろ体験談】太いの入ってるの!もっとしてぇ・・もっとぉぉ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

大学3年の秋頃、隣に同じ学校の女が引っ越してきた。

帰ってきたらゴトゴトと物音がして、空き部屋だと思ってたからびっくりした。

泥棒なんじゃないかソワソワしていると、数分後に突然インターフォンが鳴った。

恐る恐る対応してみると、隣に引っ越してきた水瀬ですっていう女の声。

ドアを開けてみると同じ学校の娘で、互いに

「あっ…どうも」

みたいな。

洗濯洗剤を受け取りながら

「今日引っ越してきたの?」

と聞いてみた。

すると引っ越すハメになった理由を矢継ぎ早に喋ってきた。

水瀬は近くのアパートに住んでいたらしいが、なんとネズミが出たという。

こんな都内の住宅街に?と不思議そうな顔をしていると、ネズミについて軽く教えられた。

黙って聞いていると、喋りたかったのか悲惨なネズミ騒動も喋りまくってきた。

まず水瀬の留守中にネズミが侵入し、大家や不動産屋が駆除しようとすると、他の3つの部屋に次々に侵入したんだって。

ベッドは糞だらけになるし、電化製品のコード類も噛み切られちゃって。

侵入口を塞ぐ工事をすると言われたが、そんな汚い部屋にまた住むのかと喧嘩になり、大家と不動産屋が保証してくれて隣に越して来たという。

女の子が1人で住むにはちょっと・・・というアパートだったから、空き部屋が無くて急遽決まったんだろうなって思った。

部屋自体は内装を綺麗にしてるから問題ないが、防音は皆無に等しいし周囲には夜になると泥酔者とかフラフラしてるし、上には外人が住んでて五月蠅いしね。

困った事があったら言ってよ、と言っておいたが、ぶっちゃけ水瀬の事はよく知らない。

身長が150cmぐらいで細くて小柄なので、高校生みたいな幼い見た目。

顔は・・・どちらかと言えば可愛くない系。

大人しくて真面目な印象で、エロさの欠片も全く無い印象だった。

基本的に俺は、部屋に戻ってきても静かに過ごしていた。

背後でTVを小さい音でつけ、もっぱらPCをカチャカチャやってるだけ。

週3~4でバイトしてたから、23時過ぎとかに帰ってきてたしさ。

水瀬が引っ越してきて数日後、いつものようにバイトから帰宅すると隣から声が聞こえる。

水瀬がキャハハと笑っているようで、電話してるようだった。

聞こえちゃうよって教えて無かったから仕方が無いけど、あまりにも聞こえ過ぎる。

多分こっち壁にベッドを置いて、そこにいるんだろうと推測される。

前住人は音を気にしてたからあまり聞こえなかったが・・・無防備だったんだろうな。

そうそう、前住人が言うには

「奥の大家宅への配慮」

でクローゼットが奥にあるんだって。

3階建ての家が建ってるから、そっちに音とか聞こえなくするためとか何とか言ってた。

そんな間取りなので、俺の部屋のクローゼット側にベッドを置いている模様。

クローゼットがあるから・・・と思うかもしれないが、俺は無頓着なので開けっぱなし。

扉閉めてたら少しは聞こえなくなるけど、開けてるからダイレクトに聞こえてた。

女の子の会話には少し興味もあったが、悪い気がして風呂に入った。

シャワー後に戻ってきてもまだ喋っていて、軽くイラッとしながら酒を飲んで就寝。

それから連日のように水瀬の長電話を聞くのが日課になっていった。

駄目だと分かっていたけど我慢できず、俺はクローゼットの中を整理した。

楽に座れるスペースを作り、壁に耳をつけて聞き始めちゃったんです。

そんな行動をしてしまった大きな理由は、彼氏との電話でした。

初めて聞こえてきた次の日だったかな、いきなり

「あっ!彼氏だ!うん!また後で!」

という水瀬の大きな声が聞こえたんです。

あの見た目で彼氏がいるのか・・・と正直興味がわきました。

でもそれ以上に興味がわいたのは、彼氏の電話が始まった時にガラリと変わった声質。

思いっ切り甘えモード全開の声になり、デレデレしまくりなんです。

「あぁ~ん、早く会いたいよぉ~」

「早くウチに遊びに来てぇ」

「もっと電話したいぃ~~」

と見た目から想像できないほど甘えモードです。

抑えきれなくなりクローゼットの中から聞くようになると、水瀬の会話が丸聞こえでした。

壁に寄り掛かって喋っているようで、ほぼ全ての会話が聞こえちゃレベルです。

盗み聞きするようになってすぐに、水瀬のテレフォンセックスを聞いてしまいました。

「いまぁ?う~ん、触ってるよぉ~」

そんな声が聞こえた瞬間、心臓がバクバクしました。

「えぇぇ~濡れてるぅ~もうピチャピチャしてるよぉ」

「だって声聞いてるとしたくなるんだもん」

「うん、クリちゃんイジってる」

「あぁぁ~指入っちゃったぁ」

「動かしてイイ?中で指動かしてイイ?」

「オマンコ気持ちイイの、オマンコ・・・アヤコのオマンコ・・・」

ホントこんな会話が30分は続くんです。

壁に耳を付けてチンコをシゴきまくりました。

水瀬はちゃんと

「イッてもイイ?」

と教えてくれるので、俺もイク時が分かりやすい。

女って見た目じゃ分からないんだな~と実感しました。

毎晩しているのか分かりませんが、週に3回は聞く事ができました。

ただ俺もバイトがあるのでタイミングが合わないと全く聞けなかったりする。

盗み聞きするようになって1ヶ月ぐらいした頃だったと思います。

急いで帰るとまさにテレフォンセックスの真っ最中でした。

音をたてないようにクローゼットへ入り、耳を付けて聞いてみると衝撃的な音がする。

完全に電子音のブゥゥゥーっというバイブ音です。

低く鳴り響くバイブ音と共に、水瀬が喘ぎまくっていました。

「太いの入ってるの!もっとしてぇ?もっとぉぉ」

「オマンコに入ってる・・奥まで入ってるよぉ~」

マジでヤバいほどリアルに聞こえてきてて、その日は帰宅早々シゴきまくった。

水瀬はバイブを使うと10分もしないうちにイクらしく、聞けるタイミングが難しい。

週に1回聞ければイイって感じで、俺はその日をいつも楽しみにしてた。

でももっと凄い日がやってきたのは言うまでも無い。

彼氏は社会人で、かなり忙しいみたいです。

しかも遠距離恋愛中らしく、頻繁に会う事も出来ないみたい。

そんな彼氏が連休中にやってきたんです。

電話で来るのを知っていたので、俺はバイトを休んで機会を狙ってました。

東京駅に昼頃待ち合わせ、デートした後戻ってくるっぽい。

食材を買って夕方から待機していると、帰ってきたのは22時過ぎ。

待たせ過ぎだぜぇ~とワクワクしているのも束の間、すぐに喘ぎ声が聞こえてきました。

「サトル君待ってよぉ~待ってってばぁ~あぁんっ、待ってってばぁ~」

甘ったるい声がして、2人はベッドへ来たらしい。

そこからはもう水瀬の喘ぎ声が耳を付けなくても聞こえるようになった。

これがまた凄くて、どうやら彼氏はドS君みたい。

「アヤコ、欲しかったんだろ?」

「うん、欲しかったのぉ、サトル君のオチンチン欲しかったのぉ」

「早くしゃぶれよ、ほら」

「あぁぁん、もうおっきくなってるよぉ~」

「いきなりしゃぶるなよ、舌使えって」

<つづく>


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。