【萌えろ体験談】彼女にオナニーを強制させた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アキコとは、普段あまりできないようなセックスをいつも楽しんでいる。
お互いセフレだと変に気をつかわず、自分の欲望や嗜好に素直になれるのだ。

今日はアキコにオナニーを強制してみた。
恥ずかしがるアキコにローターとバイブを渡し、
ベットにちょこんと座っているアキコをいすに座って眺める。

「いつもひとりエッチのときは、おもちゃを使わないんだけど・・・。」
 ハダカでベットに座っているアキコは、何度も咥え込んだことのあるバイブを恥ずかしそうにみている。

「じゃ、いつもやる感じでオナニーしてみせてよ。よくみえるように足は大きく開いてね。」
アキコはしぶしぶ両足を大きく開いて、俺におまんこがよくみえるようにした。

右手の人差し指で、クリトリスを小刻みにさわりはじめる。

俺を見ないようにするためか、自分の世界に入るためか、
目を堅く閉じて、小さく声をもらしながら、クリトリスをいじり続ける。

「ん・・・ん・・・んっ・・・。」
おまんこからは多少愛液があふれてきたみたいだが、非常に地味だ。

「はあ・・・もうイっちゃったよ。」
ため息をついて、目を開けて俺をみたアキコは、もういいでしょという表情をしている。

「今度はバイブとローター使って、オナニーしてよ。俺が見ててムラっときたら、チンポをつっこむからさ。」

アキコはしぶしぶバイブをとりあげ、愛液で潤っているおまんこにバイブを入れ始めた。

「んん・・・あ・・・く・・・。」

少しずつ少しずつ奥へとバイブをすすめて、根元まで入れると、
アキコは自分でバイブのスイッチを入れた。

「ああん・・・んん・・・あっ・・・。」

強になってしまったバイブはグネングネンと大きくおまんこの中でうねり、強烈すぎる快感を与えたようだ。

「は・・・はあ・・・。」

アキコはバイブのスイッチを中にして、ローターに手を伸ばした。
スイッチを入れた状態で、振動するローターをクリトリスにあてがう。

「ああ・・・あん・・・気持ちいい・・・。」

おまんこからはさっきのオナニーとは比較にならないくらい愛液が流れていて、
アキコの表情もかなりいやらしいものになっている。

「んん・・・イきそう・・・。」
目をつぶってうっとりとしているアキコは、二度目の小さな絶頂を迎えたようだ。

満足そうにため息をついているアキコに近づき、
咥え込んでいるバイブの根元をつかんで、グリグリとまわす。

「あっ・・・だめぇ・・・ああっ。」
眉をよせて、切なげな嬌声をあげるアキコは、かなりエロくて、いい感じだ。

俺は勃起したチンポを取り出して、アキコの顔の前に立った。
どす黒く、グロテスクなチンポをアキコの顔に近づけると、いつも興奮する。

「ほら、しゃぶれよ。そろそろチンポ、入れてほしいだろ。」
アキコは素直にフェラチオをはじめる。

俺はローターやバイブのスイッチをいたずらして、強や弱にして、アキコの反応を楽しむ。

唇を限界まで大きく開いて、俺のチンポをしゃぶり、
のどの奥まで咥え込むアキコのフェラチオは、
妻が義務的にイヤイヤやってくれるフェラチオとは雲泥の差がある。

嬉しそうにチンポをしゃぶっているアキコは、フェラチオもセックスも大好きなようで、
カラダの相性のいい俺たちはもうずいぶん長い間、お互いのカラダをむさぼってきた。

「もういいぞ。」
アキコの手と口が名残惜しげに離れていく。

よだれで光っている俺のチンポをバイブを引き抜いたアキコのおまんこに力強く、ぶちこむ。

愛液があふれまくっているアキコのおまんこはみるみる俺のチンポを咥え込み、
アキコの口からも満足そうなあえぎ声があがった。

「ああ・・・すごい・・・大きい・・・。」
奥まで入ったチンポは何度ヤっても、狭くて熱いアキコのおまんこの気持ちよさを味わっている。

おまんこがぴくっとたまにケイレンするのも、ほどよい刺激だ。
「奥に当たって気持ちいいの・・・チンポ気持ちいい・・・。」

いやらしいことを露骨に口に出すように教育したかいがあって、
アキコはかわいい顔に似合わないようなはしたないことを恥ずかしがりながら、俺に伝える。

「おまんこがひくついてるぞ。」
「だってぇ、チンポが大きくて硬くて気持ちいいから・・・。」

はしたないことをいわせるとアキコが興奮して、膣がよくしまるという効果もあって、
俺はいつも言葉責めしたり、淫語を強制する。

「ねえ、もうチンポ動かして・・・アキコのおまんこ、グチュグチュにしてぇ・・・。」
かわいい声でねだられると俺の腰は勝手に動き出す。

ズンズンと腰を打ち付けるたびに、アキコは猫のような声をあげる。
「あん・・・あはん・・・ああっ。」

アキコのあえぎ声は、感じ出すと、だんだん、すすり泣くような声に変わっていき、
ひっきりなしに続くようになる。

「や・・・もうイく・・・。」

びくんとカラダをのけぞらせて、目をぎゅっと閉じているアキコはオナニーで迎えた
絶頂感の数倍の快感に堪えている。

俺のチンポは喰いちぎられそうなくらいにしめつけられ、やがてゆっくりと開放される。
一度、絶頂を迎えた後のアキコは、確変になったように、すぐにイくようになる。

俺が自分勝手にチンポを動かしている間、何度も大小の絶頂を迎えたアキコは、
俺が精子を吐き出して、チンポをおまんこから抜き出す頃には、ぐったりとして、
おまんこから流れ出る白い精子をぬぐうこともできないくらいに疲れきっているのだった。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。