【萌えろ体験談】漫画喫茶でおなにー見せっこした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

19歳の大学生です。

外見は、AKBのぱるるに似てるって言われます。

そんなに似てるって思ったことないけど。。

今日は大学が昼からだったから、

それまで暇を潰そうと思って漫画喫茶に行ったらめちゃめちゃ空いてたので、

個室でオナってしまいました。

個室 といっても低い板で仕切られてるだけだったからかなり興奮した。

その店はちょっと値は張るけど小綺麗だから気に入っていて結構よく行く。

今日行ったとき は、最初は私しか客が居なかったみたいなんだけど、

トイレから戻るときにスーツのおじさんが私の隣(背後)の個室に入っていってたのを見たんだ。

それで、 壁一枚隔てて荒い鼻息がフーフー聞こえてきたもんだから

ついつい興奮してしまって、スカート捲り上げてパンツ膝まで下ろしてクチュクチュww

最後、イくと きに「あっ・・・」と甘い声が出てしまったので焦った。

ん?と思って振り返ると、おじさんは目を見開いて、顔を真っ赤にして何か言いたげに私を見ていた。

ふと下の方に目をやると、股間はモッコリw

そして私の視線に気づいたおじさんは、そそくさと自分の個室に戻っていった。

私は大学の時間もあるのでもう出よ うと思っていたところなんだけど、

どうもムラムラしてしまい講義どころではないので、あと30分だけ居ることに決めて、個室に戻った。

個室に戻ってすぐ、 私は我慢できず全裸になった。

ソファーに寝転がり、もう一度オナニーを始めた。

今度はわざと大きな音を立てるようにやっていたら、

隣のおじさんがズボンの ベルトを外し、チャックを下げる音が聞こえた。

私の出すクチュクチュクチュという音と、たまに漏れてしまう小さな甘い声。

おじさんの出すシュッシュッ シュッという音と、絶え間ない大きな鼻息。

私がすぐにイきそうになり、「イっちゃいますっ・・・」と小さな声で呟くと

「まだダメだぞ・・・」と、かすれた 声で呟くおじさん。

私はしばらく我慢していたんだけれど、ついに限界まで来てしまって、

「もうダメですっ・・・イッちゃう・・・!」と言うと、

おじさんも 「ああっ・・・僕もっ・・・!」と言い、ふたりで絶頂に達した。

私がソファーに仰向けになって余韻に浸っていると、おじさんが上からニュッと顔を出し、

ニ ヤニヤ笑いながら私の裸を見てきたので、なんだか急に我に返って怖くなり、

急いで服を着て走って出てきてしまいました。

おじさんも、追いかけてくるような ことはなかった。

もともと軽く露出願望があり、いつも短いスカートを履いて

男の人の前に立ってわざと腰を曲げてパンツを見せつけたり、

電車で前の席に男の 人が座ったときは寝たフリをして足を広げてみたり、

前屈みになって胸元を強調したり、そういうのが好きだった。

しかも対象はいつも40代~のおじさんだか ら、今日は一緒にオナニーまでできて、かなり幸せだった。

しかも全裸まで見られてしまったので、あの瞬間のことを思い出すと、いまでもじわじわと濡れてく る。

壁一枚隔てた向こうに人が居て、しかもちょっと背の高い人が背伸びすれば

中も覗けてしまうぐらい低い板一枚の仕切り。

そんな場所で裸になれるなんて、 漫画喫茶オナは癖になりそう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。