【エッチ体験談】民宿の30代の美人女将とエッチしてしまった体験談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

できるだけ観光地でない場所を探して訪ね当てたところが、この山間にある温泉地でした。

温泉といっても、野中にある岩場に湯がわきだしているだけの、囲いもなにもない文字通りの露天風呂でした。

近場に一軒だけ小さな民宿がぽつんとたっていて、家の前に『民宿青の屋』の看板がなければ気がつかずにとおりすぎてしまったかもしれません。

民宿の玄関に入り、挨拶すると、廊下の奥から女性の声がして、まもなく暖簾をすりぬけて30代とおもえる色白の女性があらわれました。

女将だそうです。

「泊まりたいのですが、部屋はあいていますか」「お客さまはいまのところお一人だけでございます。

どうぞ、おあがりください」女将はそういっていそいと僕を導いて奥の部屋に入っていきました。

そこはテーブルと座椅子がおかれた居間で、壁際に置かれた花瓶に今の季節の花が生けてありました。

「ご住所とお名前、書いていただけますか」僕の前に差し出した台帳には、先客とおもえる人物の名前が認めてありました。

『荻原京子』僕はその名前を記憶にとどめました。

僕同様、こんな無名の温泉地を訪ねてやってきた女性に、顔を見る前から僕は興味をおぼえてしまいました。

「同宿の方は、どんな方ですか」「もうじきおりてこられますから、ご紹介しますわ」僕は、女将の入れてくれたお茶をのみながら、夕暮れの迫る空をうつす窓に目をやっていました。

十分ほどして、階段をふみしめる音がきこえてきました。

「お見えになりましたわ」女将が、ガラス戸をあけに立ち上った。

そのとき翻るスカートの下から、太腿が大きくのぞきました。

一瞬ちらりと白いものが見え、僕は反射的に目をふせました。

女将とならんではいってきたのは、50がらみの品のいい婦人でした。

女将は僕と婦人を交互に紹介すると、夕食を用意するのでと断って部屋を出ていきました。

「嬉しいですわ。

宿泊者は私だけと思っていましたのよ」「僕も、荻原さんのような方とご一緒できて、幸せです」
「幸せとはまた、たいそうな。

私みたいなお婆ちゃん相手に」後で女将からきいてわかったのですが、彼女は独身で、大学で教鞭をとっているとか。

女将が夕食の仕度に部屋から出て行くのを待っていたかのように、荻原が喋り出しました。

「あの女将さん、ここお一人できりもみされているんですって。

もともとここでお生まれになって、旦那さんも迎えられたらしいけど、旦那さんの方は都会でお仕事につかれていて、めったにこられないんですって」「夕食のテーブルには、この近くの川でとれた魚の塩焼きや、山菜の天婦羅、猪肉の鍋物などといった民宿ならではの手料理を、三人でビールや酒を酌み交わしながら箸でつっつきあいました。

ことのほか日本酒が好きな荻原が、冷酒を何倍もおかわりすれば、僕も女将につがれたビールをぐびくび空けて、そのうち何が何やらわからなくなってしまいました。

ふと気が付くと僕は、薄暗い部屋の中で女将の手をしっかり握りしめて横になっていました。

「お客さんが離してくれないから」女将が苦笑まじりに言いました。

なんでも僕が、彼女にしがみついたままいつまでも離なさなかったそうで、しかたなく一階の自分の部屋に寝床を敷いて、いままでいっしょにいてくれたのだそうです。

「このままずっと、いっしょにいたいな」「そんな、わがままいわないで」僕は女将の手をひきよせ、崩れてくる彼女の肩をだきしめるなり、キスをしていました。

女将はしばらく口をとざしていましたが、やがてあきらめように僕の舌をうけいれました。

そのまま重なりあって横になり、舌と舌をかせませているうちに女将も発情してきたのか、僕の体を抱き返してきて、下腹部を強く押しつけてきました。

衣服の上からでも彼女の、恥骨の上をおおう陰毛のじゃりじゃりする感触がはっきりと伝わっくるのがわかりました。

僕もまたこみあげる情欲にかられて、女将のスカートをたくしあげると、下着に手をかけ、一気にひきずりおろしました。

手を太腿のつけねにつけるとすでにそこは濡れていて、ねぱねぱする液体が指のさきに絡みつきました。

僕が自分の鋼のように硬直した肉を、彼女の濡れて軟らかな肉のなかに突き入れて、腰を揺らしはじめると、彼女もそれに呼応するかのように両足を踏ん張って浮かせた腰を、僕にあわせて揺らしだしました。

二人の声が激しくもつれあい、僕と女将が同時に絶頂に上り詰め、やがて二人抱き合いながら快感の中に落ちて行った時、僕はふと、だれかの視線を感じました。

薄暗い室内の片隅に目を凝らすとそこに、じっと座った人影がうかびあがりました。

荻原京子は、僕と女将の行為を最初からみまもっていたのでした。

荻原が女将に、みせてほしいとせがんだそうです。

そういう嗜好のある女性なのかなと思った女将は、やむをえず了承したとか。

荻原は、自分のスカートに手をいれた状態で、俯せになっていました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*