【エッチ体験談】堀北系のバイトの女子大生を口説き落としてセフレ奴隷にしちゃった体験談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

仕事の打ち上げでのことだった。前から気になっていたバイトのJD(22)に狙いを定め、その日墜とすことにした。堀北系の美人でスタイルも良い彼女は職場でも大人気で、飲み会ともなればみんな隣に座りたがる。
以前より会話はよくしていたので、同じ大学に彼氏がいることは分かっていた。その日、うまく隣席をキープした俺は彼氏の話をいろいろ聞き出した。彼氏の不満を口にし始めたらチャンス。彼氏を否定しない範囲で彼女の疑い、不満を助長するように言葉で仕掛けていく。「他に遊んでる子いたりして。いや、そんなわけないけどね」とか。「何か・・彼の都合の良いときだけ相手させられてるみたいで大変だね」とか。だんだん彼女(仮名:さやか)の表情が暗くなっていく。狙い通りだ。ここからはあまり話しかけず、聞き役に徹する。自分語りが高まってくると、お酒も進む。彼女は既に日本酒を数杯飲み、微妙にふらつき始めていた。俺「・・そろそろ仕掛けるか」俺「なんか深刻な話になっちゃったね。大丈夫?」さ「はい・・大丈夫です」俺「ちょっと風に当たろう。その方が良いよ」合法的に(笑)にさやかを店の外に連れだす。他のスタッフはそれぞれ話に夢中で気が付かない。店の外に出たところで一段落おく。俺「いろいろと大変だね。でも、ここまできたんだし」俺「いっそ全部吐き出しちゃった方が良いよ」さ(頷く)俺「もう少し静かな店が近くにあるから、そこで続き話そう」さ「え・・」俺「大丈夫。すぐそこだしそっちは俺がおごるから」俺は店内にとって返し、彼女のバッグを持って彼女を駅まで送る事を伝えて出た。彼女を連れ込んだ店は、いつも俺が女の子を墜とすときに使っている店。ここに入った女の子はもう逃げられない。話しの続きを聞きながら、俺は某カクテルを注文する。甘くて飲みやすいが、酔いは強烈に回る一品。俺の方はあまり飲まないようにしながらストローに口だけ付ける。彼女はカクテルをしっかりと飲み干し、目は既にうつろだった。もう良い頃だろう・・。「そろそろ出ようか」と誘うと、さやかはもうほとんど話すこともできず、ただ頷いている。立って歩けるがふらふらしている。俺は彼女の方を軽く支えるようにしながら店を出た。大丈夫、身体に触れることに抵抗しない。彼女を連れ出した俺はタクシーを呼び、俺のマンションへ向かわせた。俺「少し酔いを醒まして」俺「それからじゃないと、安心して帰せないな」さやかは無言。俺はそれ以上何も言わず、彼女を俺の部屋に入れ、ソファーに座らせる。俺「どう?気分悪い?」さ(首を横に振る)俺はソファーに一緒に座り、話しかけながら彼女のカーディガンに手を掛けた。そこからは、彼氏の勝手さを思い出させるような話をひたすら続けた。とにかく会話を途切らせないように。さやかは頷きながら涙ぐみ、すすり泣きを始めた。狙い通り俺は彼女の肩を抱いてやり、身体をさすってやる。さやかは抵抗せず身体を預けてくる。さやかを後ろから抱きかかえるようにして、そっとブラウスのボタンを外していく。さやかは俯いたままされるがまま。ブラウスを脱がそうとすると、自然に腕を曲げて補助してくれた。
もういけるなと、俺はブラの周りを口で吸いながらさやかをソファーに押し倒し、仰向けにして体中をまさぐった。さやかは目を閉じて動かない。おれはブラをそっと外し、さやかの胸を露わにした。Bカップくらいの胸と薄ピンクの乳首だった。初めて見るさやかのおっぱい。俺は両手でしっかりと揉みしだきながら、口で攻め続けた。初めのうちあまり反応を見せなかったが、続けているうちに「んっ、んっ・・」と軽く喘ぎ始めた。俺はさやかを抱きかかえ、隣のベッドルームを連れて行った。彼女をベッドに横たえ、一気にスカートを引き抜く。さやかはじっとしている。俺は彼女の太ももに舌をはわせ、ゆっくりとパンティを引き下ろした。さやかのヘアは薄く、指で開くとあまり使い込んでいないサーモンピンクの花弁が見えた。全裸でベッドに横たわるさやかをしっかり観察した後、俺は自分も服を脱いで彼女に覆い被さった。彼女は気持ちが入ってきたのか、少しずつ喘ぎ声を出すようになった。クリの周辺を集中的に舌で攻めてやると「ああ~っ」とやや大きめの声をあげて、それからは、タカが外れたのか、俺の攻めに機敏に反応するようになった。俺は花弁がしっとりと潤んでいるのを確かめ、そっと俺のモノをあてがった。さやかは一瞬ビクンとなったが、目をじっと見つめると自分からしがみついてくる。コックリと頷くさやか。俺は一気に彼女を貫き、彼女は嬌声を上げて激しく昇天した。さやかにしてみれば一晩限りの出来事で、これで終わりにしたかったろう。しかし、俺の狙いは単に彼女をモノにすることではなく、俺の趣味の道具として調教していくことにある。この日はあくまで布石であり。翌日以降の調教が本番である。とりあえず彼女に「負い目」を作らせることに成功した。さやかは俺が作り出したこの「負い目」に縛られ、俺の言葉を邪険にできなくなった。奴隷化の第一歩である。2日後くらいを狙って、彼女にメールを出した。話をしたいから今夜うちに来なさい、と。さやかはためらったが、「さやかはあの夜、自分から求めてきたね。してしまった事はもう消せないでも、気持ちの上で一度整理したおいた方がいいんじゃないか?」と書いたら訪ねてきた。そんなつもりはないが、一日限りの約束でw。その夜のさやかは、スーツ系のシックな出で立ちだった。お酒を勧めても飲もうとしなかったので、最初はトークに徹した。彼氏はたぶんさやかを信じているだろう、さやかは取り返しの付かないことをしてしまった、という論調で話し続けた。あの晩とは逆の言い方である。だんだん彼女が弱くなっていくのが見て取れた。涙ぐんでいる彼女に、タイミングを見計らってとどめの一撃。「悪い子だね、さやか」と言ったら堰を切ったように号泣し始めた。俺「いくら泣いても過去には戻れないよ。彼氏に全部話す?」さ(首を横に振る)俺「話したらたぶん分かれることになるよね」さ(頷く)俺「じゃあ、どうするの?こんな事してしまって」さ(泣き続ける)わざと間を空けてから畳み込むように言った。俺「俺もさやかには惹かれてしまってる。俺もこのままじゃ嫌だ」さ(無言)俺「さやかは彼氏の元へ帰ればいい。けど、俺への責任もとってもらう」さ「・・・」俺「週に1回、会うだけでいい。そのときは俺の命令を聞くこと」さ「・・・」俺「そうしてくれたらあの夜のことは永久に封印する」さ(コックリと頷いた)こうしてさやかは俺の奴隷となった。後は段階を経て教え込んでいくステップに入る。手始めに1週間後、俺はさやかに薄いブラウスとミニスカートで家へ来るよう命令を出した。訪ねてきた彼女に俺はブラとパンティを脱ぐよう命令し、その状況で外へ買い物に連れ出すと宣告した。さやかは嫌がったが、こちらは約束を盾に毅然とした姿勢を示す。そうするとさやかは従順になる。ノーブラ、ノーパンのさやかを連れて俺は繁華街を歩き回った。彼女は人目を気にしていたが、これがまだ俺の調教の序の口であることを知らない。俺は鬼畜なドSなので全貌を知ったら本気で逃げ出すだろうから、少しずつ慣れさせていくことが大切だ。ノーブラ、ノーパンで外出するくらいは日常的にできるよう持って行くのが第一歩だった。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*