【エッチ体験談】ナンパで知り合ったカレにHな言葉で攻められ絶頂したセックス体験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

-約束の明日ですけど、大丈夫ですか? 良ければ10時に札幌駅内のミスド前で待っててください-このメールを彼に送ってから、私は返信を待ち遠しい気持ちで待っていた。

 -いいよ。

またしてくれるんだね。

-彼は返信してきてくれた。

とても嬉しかった。

彼とは私の(元)彼氏が私の親友と浮気してることが分かって別れた翌日にナンパで知り合いました。

そして、またセックスする約束をしていました。

彼は約束通り10時に駅に来てくれた。

「ゴメン、待った?」「ううん。

今来た所。

どこ行こっか?」「そうだね、まずは喫茶店でもどう?」「行こう行こう」そんな会話が続いている中、私達は喫茶店に入っていった。

「そう言えばまだ本名聞いてないよね。

俺は遼太。

君は?」「私は凰華。

遼太さんていくつ?」「俺は22。

君は?」「私は17。

高3だよ」「そうなんだ。

もっと若く見えるよ」「そうですか?ねぇ、どうして私にナンパしたの?」「ええっ……、何でって言われてもねぇ……、凰華ちゃんが可愛くて調度ムラムラしてたからかな……。

でもまさか速攻でラブホ行きになるとは思わなかったよ。

それに、凰華ちゃんパンツに穴開けてるなんて……。

凰華ちゃんもその時、エッチしたかったんでしょ?」「うん、まぁね。

今日もしてくれるんでしょ?」「いいよ。

後でホテルでも行こうか?」「いいよ。

今日もイかせてね」「Hなんだから」お昼の0時前くらいに札幌駅から出て有名なラブホ街に行き、その中のフロントに誰もいないホテルに入った。

彼と部屋に入ってシャワーを浴びた。

出てくると遼太はすでにベッドに座っていた。

「しよっか?」「いいよ。

今日もゴムある?」「ちゃんと用意してきたよ。

そこに横になって」「うん。

優しくね…」遼太はゆっくりと私のバスタオルを脱がしていった。

「かわいい大きなおっぱい。

ピンクの綺麗なおっぱい」彼は指でゆっくりおっぱいを触ります。

乳首を突付いてきた時に「ああっ、もっと弄って……」と、私は言った。

彼はその後おっぱいを揉み始め、私をいい気分にさせてくれました。

「舐めていい?なんか触ってるだけじゃなくて、もっと凰華ちゃんのおっぱいを堪能したいんだ。

こんなに大きなおっぱい触れてまじ嬉しいよ」ペロッ、ペチョペチョ……。

彼は舌を乳首や乳輪から膨らみ全体に移していきました。

遼太に舐められているだけで私は感じてしまいました。

「くすぐったいよぉ。

遼太さん凄く上手い」彼は舌先を上手に私の敏感な所に当ててきます。

「どぉ、いいでしょ。

今度はどこがいい?」「う~んとねぇ……」私はとても恥ずかしくなって、下を向いてしまいました。

「恥ずかしがらずに言ってごらん。

どこ?」「凰華の……、オ、オ○ンコがいい……。

……クンニして……」「わかった。

じゃぁ、足をMの字に開いて。

そうそう、そんな感じ」私は足を開いて目を瞑りました。

ペチャペチャペチャ……。

彼の舌が私のク○トリスを転がして遊んでいます。

「くはぁ、いや、ああん……ひゃうっ、んあああ……」彼の舌が離れていって、今度は指が○ンコに入ってきました。

クチュクチュ……。

「大分濡れるのが早くなったね。

オナニーとか普通にしてるでしょ?イヤらしいね」彼は全てお見通しでした。

私はセックスしない日は、大抵オナニーで我慢していました。

自分の指を彼のペ○スだと思って、奥まで出したり入れたりをします。

最近は指だけで我慢できなくなり、ボールペンや割り箸も入れたりします。

しかし、彼の指はそれ以上でした。

クチョクチョクチョ……。

「はぁぁっ、んはっはぅぅ……。

ダメ、また潮吹いちゃうよぉ」「早いよぉ。

まだ触って一分もしてないよ。

大丈夫、イキそうな状態を保ってあげるから」「えええっ、それじゃあイケないじゃん。

ああっ、ちゃんと……イカせてよ」彼はじっくり私の愛液で満たされたオ○ンコを弄ります。

クチョクチョ……。

私は気持ち良過ぎて時折足を動かしてしまいます。

彼はその度に私の足をきちんとMの字に直します。

「元彼にはこんな事してもらった?」「うん。

でも遼太さんの方が上手いよ」「ありがと。

凰華チャンまだイっちゃダメだよ」「どおしてぇ?イク前に止めないでね」「どおして?最後はイかせてあげるんだし、いいじゃん」「やだぁ、そんなの。

私もイキたいぃ」そんな会話の間も彼の指は止まりません。

「んんっ、ん。

んはぁ……はぁう!ああっ、あはぁ……」彼が私を見ながら出したり抜いたりを繰り返します。

しかし、私はもっと快感が欲しくなって彼に言ってしまいました。

「指をもっと入れて。

二本がいいのぉ」「もっと欲しいの。

じゃあ入れてあげる」彼は中指に加え、人差し指も入れてきました。

「はあああ、ひゃううっ。

いい、感じるよぉ……」二本の指が私のグチョグチョになったオ○ンコから出入りしています。


そして、彼は再び私のオ○ンコから指を抜き、両手を使って私のオ○ンコを広げてきました。

そして開いた膣口にHな舌を這わせてきました。

「ひゃううっ、すご、あっあっ、いい……っ」私は彼の舌攻撃に、ベッドのシーツを掴んで耐えていました。

彼のクンニはどんどんエスカレートしていき、おっぱいや乳首と同時に刺激を与えてきます。

そうこうするうちに彼は、「ねぇ、今度はよっつんばいになって後ろから攻めたいな」といって来ました。

私は、「それっていいの?気持ちいいんならやって」と尋ねました。

しかし彼はそんな私をすぐにひっくり返して再びクンニを始めます。

私のオ○ンコは大洪水でした。

「いやん。

なんか変な感じ」「そぉ?とってもHに見えるよ。

凰華チャン高校生には見えない体つきだよね。

巨乳だし、オ○ンコの感度もいいし……。

君とHできるだけで幸せって感じ。

今までに何人のお○んちんをここで咥えてきたの?」「ああん、なっ、そんな事無いよぉ。

私まだ遼太さんの他には2人しか経験ないよぉ。

ああっ」私は自分ではそんなにHな体はしていないと思ってたのですが、男性から見るとHっぽく見えるみたいでした。

そんな体だからナンパに遭うのかも知れません。

彼はバックからクンニしてきます。

そしてバックからこの前のア○ルバイブを取り出して、先っちょをア○ルに入れてきました。

「はうううっ、お尻に何か入ってきたよぉ。

この前のバイブ?」「そうだよ。

どぉ、いいでしょ」「あん、んはっ……気持ちいいよ。

でも、遼太さんのお○んちんが欲しいよぉ。

早く入れて、挿入てよ」クチャクチャクチャ……。

彼が私のオ○ンコをいじってする音だけが響きます。

彼の指がどんどん刺激を与え、私のオ○ンコは熱くなってきました。

「ダメぇ、これ以上クンニされるとイっちゃうよぉ。

やんっ、ああっ」「イっていんだよ。

凰華ちゃんのイク姿が見たいよ」彼は急にスピードを上げ、ク○トリスとア○ルとオ○ンコの3ヶ所同時攻撃をしてきます。

私はそんな攻撃に耐えられる訳も無く、簡単に絶頂に達してしまいました。

「ダメ、ダメ、イク……。

ああっ……イっちゃうううっ」ビクッ、ビクッとし、彼の指を膣内で締め付けてしまいました。

「凄いね。

今まで付き合った娘(こ)の中で凰華チャンが一番締まるよ」「いやぁん。

そんな事ないよぉ……。

今度は私がしてあげるね」彼にそう言って、私は彼がしていた浴衣を脱がし始めました。

下を脱がす時、やっぱり彼のペ○スの所に目がいってしまいます。

思ったとおり、彼のペ○スは勃起していました。

「凰華チャンのフェラ顔が見たいなぁ。

ねぇ、俺のちんこ舐めて」「うん。

大きくなってるね」「凰華チャンのオ○ンコ弄ってたらこうなっちゃった」「もぅ……。

いくよ」私は彼の大きくなったペ○スを握り、亀頭とキスしてから口に含みました。

ペチャペチャペチャ……。

右手で扱きながら舌を使って、彼氏にやってあげるみたいに舐めました。

彼のペ○スがたまにピクってなる度に、感じてるんだろうなぁと思ってしまいました。

ペチャペチョペチョ……。

竿を舐めたり、舌で亀頭をベロベロしてあげたりしました。

「ねぇ、凰華ちゃんって、パイズリできる?凰華ちゃんの谷間で俺のを挟むんだけど」「した事あるよ。

やってあげるね」

私はペ○スをしゃぶるのをやめて、私の唾液と彼の先走り液でべチョべチョになったペニスを、Gカップのおっぱいで挟んであげました。

「凄いいい……。

凰華ちゃんのおっぱいとっても柔らかいよ。

ああっ、大きなおっぱいの娘に一度でいいから挟まれてみたかったんだよね」ベッドの上で私はおっぱいで彼のを挟み、両乳で彼のペ○スを扱いてあげました。

「パイズリってどこで知ったの?」「前の彼氏に教えてもらったの。

その人、巨乳好きで、Hの時はいつもパイズリさせられてた。

だから上手いでしょ?」「うん。

すっごくいいよ」彼もとても気持ち良さそうに私のおっぱいに挟まれています。

「また舐めてくれる?フェラでいかせて。

でもその前に、凰華ちゃんのバスト測らせて。

G以上ある気がするんだ。

いいでしょ?」「うん、いいけど、……なんか恥ずかしいな」彼はメジャーを取り出し、測り始めました。

「やっぱり、……Gじゃないよ。

B99でアンダーとの差が29位あるからHだよ。

凰華ちゃんHなだけのことあるわぁ。

すっごいね、凰華ちゃん。

高校生でHカップだなんて」「ヤダァ。

また大きくなってるなんて。

知らなかったわ」彼は私のおっぱいを測ると言いながら実際は揉んで遊んでいました。

ペチョペチョチョ、ペロペロペロ……。

彼のペ○スはパイズリする前より大分硬くなっていました。

「凰華チャン、気持ちいいっ。

何処に掛けて欲しいの?」「えっ、う~んと……、口の中でお願い」「顔にかけちゃダメ?」「ええっ、ヤダよ~。

全部飲んであげるから口に出してぇ」顔射はされた事が無く、汚れちゃうと思いやめてもらう事にしました。

ペ○スをソフクリームのように舐め、右手で扱いていると、「あっ、凰華ちゃん、イク、イクよ~っ」ドクッ、ドクッ……。

彼の温かい精液が、口の中に溢れてしまいました。

「たくさん出たね」「凰華ちゃん、俺の精子が溢れてきてるよ」私が話した時に、彼の精液がヨダレを垂らす様に垂れてきてしまいました。

「どう、精液ってまずいでしょ?」「うん。

……でも……もう慣れちゃった」「出したばっかなのにまだこんなに硬いんだね。

すご~い」「そう?凰華ちゃんのフェラ気持ち良かったよ。

フェラもその彼に習ったの?」「うん。

最初の彼にはあんまりHされてないんだ。

二番目は凄いHで毎日セックス三昧だったよ。

初めて野外でもしちゃったんだから」「そうなんだ。

凰華ちゃんと初めてHした時、高校生にしてはH上手だったから、ビックリしちゃったよ」「そうですかぁ?遼太さんだってH上手いじゃないですか。

沢山の女の人としてるんでしょ?」「それ程でもないよ。

今までに20人位だし」「20人ですか。

……だったら上手いですよね。

遼太さん、今度は私のオ○ンコにお○んちん挿入して。

凰華、遼太さんのでイキたい」「いいよ。

凰華ちゃんの○ンコ、すっごい締まりが良くて、ホントに気持ちいいよ。

ゴムするから待ってて」彼はコンドームを素早く装着しました。

「凰華ちゃん、自分からオ○ンコ広げて俺のを誘い込んで。

大きく広がったら挿入てあげる。

さぁ、やってみて」「うん。

こう?大きく広がってる?」私は人差し指と中指でクチッとオ○ンコを広げてみせました。

「もっと、両手使って広げてみて。

そしたらもっと広がるよ」「こうかなぁ。

遼太さん、これでいい?」私は今度は両方の中指でオ○ンコをめいっぱい広げてみせました。

「そうそう、それ位広がっていると中に全部入るよ。

それにしても凰華ちゃんのその姿、Hだなぁ。

ク○トリスが遠くからもよく分かる位おおきくなってる」「やぁん……。

遼太さんがしてって言うからやったんじゃない。

もう」わざと怒ったフリをしてみたら、彼が慌てて謝ってきました。

「ゴメンゴメン。

機嫌直して、……正常位で入れてあげるから……」「うん……。

ゆっくりね」クチュ。

ズブズブズブ……。

私の濡れてるオ○ンコに、彼のが飲み込まれていきます。

「ああっ、大分奥まで挿入ったね。

私の中に男の子の部分が入ってるよ」「凰華ちゃん、いいよ。

もっとナカまでいけそうだね」彼はゆっくりと、そして奥までペ○スを差し込んでいきました。

「くはぁっ、はぁはぁ、……んん~ん」彼のペ○スが私の中に入っています。

彼は正常位から始めました。

「凰華ちゃん、まだ動かしてないのに感じちゃってるの?」「違うの。

なんかこの前のHの事思い出しちゃったら、急に気持ち良くなっちゃって……。

動かそうよ、遼太さん」私は寝転んでいて、彼を見上げながら言いました。

「そんなに上目遣いで見られると、……やりたくなってくるじゃん。

犯されてる凰華ちゃんもとっても可愛いよ」「ヤダァ、もう。

私のオ○ンコで出し入れして」私は早く快感が欲しくなってしまい、ついHな言葉を言ってしまった。

クプクプクプクプ……。

彼は私の足を広げて持って、ペ○スを子宮まで届くように深く挿入てきました。

私は彼のペ○スを優しく包んであげました。

「凰華ちゃんの膣内(ナカ)に、俺のが根本まではいっちゃった。

始めるよ」「うん。

はぁっ、……いいよぉ」彼は腰を振ってきます。

早かったりゆっくりだったりと、緩急をつけて出し入れします。

「はあああっ、んはっひゃううう……。

いい……、遼太さんっ凰華、気持ちいいです。

んんっ、んんっ…
」「凰華ちゃんの中、すっごい締まり。

ピタッて吸い付いてくるみたい」彼は今度は私の足を閉じたり開いたりしてきます。

正常位を3分位した後、「凰華ちゃん、騎上位して」彼は体位を変えて欲しいと言ってきました。

「いいよ。

私の腰で遼太さんをイかせてあげる」「お願いね。

いいよ、入れて」「うん。

あああっ、遼太さんのが入ってく」クプクプクプ……。

私は彼のペ○スの上に跨って、それから下へ徐々に降りていきました。

そしてペ○スの真上で位置を確認して正座する様な感じで自分から挿入してしまいました。

「また挿入っちゃった。

奥までいくね」私達がピストンをするとベッドが跳ねます。

彼は私の太腿を触りながら「ああ、ああ、いいよ……」と感じています。

私も上下に動いていて、おっぱいがタポンタポン揺れます。

彼は、揺れるおっぱいを見て、手を伸ばしてきました。

「凰華ちゃん、あんまりにも激しく腰振るから、おっぱいが上下に激しく動いてるよ。

凰華ちゃん、さっきから思ってたけど意外に美乳なんだね」そう言って掴まれて、彼は揺れてる私のおっぱいを揉んできました。

「2ヶ所でイかしてあげる。

いっぱい感じてね」私はオ○ンコとおっぱいの快感に、部屋中に聞こえる様な大きな声で喘いでしまいました。

「ふぁあああっ、ダメェェェェッ。

遼っ太さん、…私おかしくなっちゃうよぉ。

いいっ、はううっ凄いよぉ」「凰華ちゃん、すっごく感じてるでしょ。

顔がとろけてるもん。

Hだよ」「いやああっ、……そんな事、んはっ、……ないですぅ。

あああん」「ダメだよ。

隠してもすぐわかっちゃうんだから」「やぁ、そんなに摘まないで。

ダメ、イクよ、このままじゃ私が先にイっちゃ~うっ。

はあぁ、ひゃあああう」彼は敏感な乳首を指で摘んでいじりまわします。

「イク……ダメイっちゃうぅ。

遼太さん、もっと。

私をイかせてぇ」彼がさらに激しくしてきた所で、私はイってしまいました。

「凰華ちゃん、このまま俺の方に倒れてきて」「ええっ、そんな事して大丈夫?」「大丈夫、気持ち良くなるぞぉ」「そう?じゃあ、やってみる」私は言われた通りに前へ体を倒していきました。

なんか彼に抱きつくみたいな体位です。

「そのまま俺に抱きついて。

いいでしょ?」「うん。

もっと密着する」彼が手を回してきました。

私ものりで彼にキスしました。

彼が舌を入れてこようとしたので、私が舌を出すと、舐めあいが始まってしまいました。

ペロペロペロペロ……。

Dキスが一段落して、彼がまた正常位に戻してしまいました。

しかも彼が私の上に乗っていて、おっぱいに顔を埋めています。

それから乳首を吸い始めました。

ちゅ~ぅっ、ペチャペチャペチャ……。

彼は腰を振りながらおっぱいを舐め続けます。

チュプチュプチュプ……。

彼の優しい舌使いに、私はとっても感じていました。

「あはぁ、んはっ……はひゃううっ、んんっ、ああっ」「可愛い喘ぎ声だね。

凰華ちゃん、そのお口も塞いで上げる」彼は乳首から唇を離し、私の口にもってきました。

「ふんううううううんん……」私は声を出そうとするのでしたが、彼の唇で声になりません。

自然とDキスになってしまいました。

レロレロレロレロ……ピチャピチャピチャピチャ……。

突然彼がピストン運動を早めました。

突然の出来事で私は、「ひゃああ、いきなり……んんっ、早くするなんて反則だよぉ。

イクよ。

これじゃあイっちゃうぅ。

ダメ、ひゃああっ」「俺もイきそう。

ああっ、凰華ちゃんの中、すっごくいいよ。

ああっ、ダメ、もう……もう出ちゃうぅ~……」彼の体がピクッとし、ゴムの中に大量の精液が流れ出してしまいました。

私もイってしまい、しばらく放心してしまいました。

私達はイってしまった後も数分間繋がったままでした。

「遼太さん、まだ大丈夫?」

「俺、俺はあと2~3回は平気かも。

凰華ちゃん、まだ足りないの?」「うん。

せっかくあれ持ってきたのに、使わないのかなぁって」「あれ?……あっ、昨日お願いしたやつね。

それじゃあ使おっか?」「うん。

バックから出すね」私はバックを開けてスクール水着を取り出しました。

中学の時使ってたのを持ってきたので、おっぱいの所がかなりきつかったです。

そこを彼に気付かれて、「凰華ちゃん、おっぱいの所が凄くきつそう。

今楽にしてあげるね」彼は肩紐を下げておっぱいが出た所で脱がすのをやめました。

「途中で下ろすのやめたら、なんかちょっと恥ずかしいよ」「そこがいいんだよ。

Hな格好してるよ、凰華ちゃん」「ヤダァ、そんな事言ってないで続きしようよ」「そうだね、こっちは大丈夫そうみたいだね」彼は、私の愛液でトロトロになったアソコの部分を指でなぞりました。

その後わざと食い込ませてみたり、横にちょっとずらして直接刺激を与えてきたりしました。

「いやぁぁん、とってもHな気分。

この気分が冷めないうちに早く遼太さんのが欲しい」「何が欲しいの?」「その……、遼太さんのお○んちんが欲しいの」彼は意地悪して、なかなか私に挿入てこようとしません。

「どこに欲しいの?」「わ、私の、オ、……オ○ンコです」私は恥ずかしさの余り、顔が火照ってしまいました。

「よく言えたね。

じゃぁご褒美に俺のお○んちんをあげようね」やっと彼が挿入てあげると言ってくれました。

「凰華ちゃん、立ってしよう」「うん。

お願い」私は水着をずらしたまま、言われた通り立っていました。

彼は向かい合わせになって○ニスを挿入されました。

「はぁぅっ、これからどうするの?」彼は無言で私の両腿を持ち上げてきました。

私が彼にだっこされる様な形でHをしてます。

「これね、駅弁っていうんだよ。

どんな感じ?」「な、んかねぇ、……今までこんなのした事ないから、んんっ、わかんないよぉ。

でもね、んはっ、凄くイヤらしい」「そうか、凰華ちゃんに気に入ってもらえて嬉しいよ」彼のがゴリゴリ当たっているだけで声が漏れてしまいます。

初めての体位を経験し、私は新たな快感に目覚めてしまいました。

駅弁の後はベッドで後背位をしました。

パンパンパンパン……。

後ろから彼に攻められて、「きゃうぅ、んんっ……あはぁ……」「凰華ちゃん、後ろから出し入れしてるの見てると感じてきちゃったよ」「ヤダ、そんなに見ないで」彼はピストンしながらHな言葉でも攻めてきます。

彼の○ニスと擦れる度に私は体をよじってしまいます。

パンパンパンパン……。

ヌチュッヌチュッ……。

彼が突く度に、私のおっぱいもタポンタポン揺れていました。

彼はさっきと同様に、おっぱいを揉んできました。

私はもう感じまくっていました。

頭の中はHな音と彼の○ニスだけが支配して、顔もトロッとしていました。

顔だけでなく、私のオ○ンコもトロトロでした。

「何でやめちゃうの?もっと遼太さんとしたいよぉ」彼が急にやめてしまい、私は快感が途絶えてしまいました。

「ねぇ、あそこでしない?」彼は部屋の角を指差しました。

そこには大きな鏡がありました。

「凰華ちゃんとHしてる姿がみてみたくなっちゃった。

ダメ?」「ええっ、恥ずかしいよぉ」「お願い、凰華ちゃんのHしてる顔が見たいなぁ」「……ちょっとだけだよ」「やったぁ。

サンキュ」私は彼のが欲しくてたまらなくなり、ついOKしてしまいました。

私達は大鏡の前に立ちました。

彼が水着を全部脱がしてくれました。

「早くぅ、恥ずかしいんだから」私は鏡に映った自分の姿を見ていたら、彼が立ったまま後ろから挿入してきました。

「そんなぁ、いきなりすぎるぅ。

はぁぁぁっ、ひゃあああ」私は突然の出来事に驚いてしまいました。

「大丈夫、だってこんなに濡れてるじゃん」「ふぁうううっ、ダメェ、どんどん奥まで入ってきちゃう」彼は私の手を握って抵抗できないようにしてきました。

「凰華ちゃんの中すんげぇ、ねっとり絡み付いてくる」 「あふう……っ、あっ、んあっ、ひぃ、はひぃ……ひあぁ……」私はあまりにも気持ち良すぎて、近くの壁にしがみついてしまいました。

パンパンパン……、クチュクチュクチュ……、グプッグプッグプッ……。

「どうしちゃったの、凰華ちゃん?足がもたないの?」「んんっ……、うん……。

遼太さんのが、とってもいい……、はぁん……」私の足は、入れられて直ぐにガクガクになってしまいました。

それでも彼の腰は止まりません。

「あ、あふっ……、あっ、あ……ふ……ひ……、んくっ、あ」私は必死に壁にしがみついています。

「すご……く、いいよ。

凰華ちゃんの中…なんかあったかい」「あっ……あ~~ッ…」彼はHな言葉とピストンで攻めてきます。

「凰華ちゃんのオ○ンコ、綺麗なピンク色してるし……」
「そ……なこと……、言わないでっ……」「なんで?こんなに綺麗なアソコは見ないともったいないよ」「ほら……、見てごらん。

鏡に君のが映ってるよ」私は目を開けて、合体している所を見ました。

そこはもう、言葉に表せない光景でした。

ク○トリスは勃起してるし、オ○ンコ周辺は私達の愛液でヌルヌルだし、二度と忘れられないようでした。

「俺のが挿入ってる所、ヌルヌル濡れて光ってる。

ピンク色でひくついて……凄くイヤらしいよ」「凄いね、んんっ、はあ……、とっても綺麗なピンク……。

ふぁぁぁっ」「なんか俺、見てたらたまんねぇ……っ」彼も興奮してしまい、さらに激しく突いてきます。

「はぁ……ふぁうぅ、いきっ、イちゃうぅ~。

ひゃああっ……」「すごっ、中までトロトロだよぉ」彼はおっぱいを揉みながら言います。

彼はとても気持ちいいらしく、Hな言葉で私を攻めます。

「凰華ちゃん、乳首もこんなに硬くして、感じてるでしょ」「はぐっ……、ひゃ、ダメぇ……ふぁぁぁぅ~ん」彼の右手がク○トリスを摘んで上に持ち上げてきました。

「んんっ、なぁぁっ、ひゃぁん。

そんな事しちゃ……ダメぇ。

凰華、イク、……イちゃう~」パンパンパンパン……。

彼の腰が凄い勢いで動きます。

私はもう絶頂寸前でした。

「はぁぁぁぁぁっ、……ひゃううんいいいっ、ああああああダ、ダメだよぉ……凰華、イク、イクよぉ……。

ふぁあああああ!」私の快感が最高に達して、イってしまいました。

彼が少し遅れてイってしまったみたいです。

イッタ後、私達はベットに座り込んでしまいました。

この後も何度もセックスしてたらいつのまにか18時を過ぎていました。

ラブホを出た後は、買い物に付き合ってもらったり、カフェに入ったりしてプチデートみたいなことをして楽しみました。

「凰華ちゃんって、今、彼氏いんの?」「何で?」「いや、いなかったら俺と付き合って欲しいな、と思ってさ……」「遼太さん、ゴメンなさい。

この前また彼ができちゃったの。

でHももうしちゃってて……。

遼太さんが良ければこのままの関係でいてほしいなって思うんだけど、ダメかな?」「いや、いるんなら別にいいんだ。

ゴメンね」「いいの。

気にしないでね。

今度はいつしよっか?」「今度は外でしようよ。

ダメ?」「私、一度外でやってみたかったの。

メール送るから、それまで待っててね」次回は野外での出来事を書きたいと思います。

いつになるかは分かりませんが……。

では、また会う日まで。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*