【エッチ体験談】クラスの女子とエロビデオを見てるとエッチな話題になり・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

中学3年の時、同じクラスの男子のNと女子のRとAと結構仲が良かった。

4人で学校帰りに帰り道のNの家に寄って遊んだりしたり、それぞれの家に行って遊んだりした。

女子のRとAとはちょっとエッチな話なんかも出来る仲だった。

「エッチなビデオを見てみたい」ということでNの家で4人で一緒に見たりするようになった。

最初は興味半分でRとAは見ていたようだったが、2,3回と見るようになって、ビデオを見ながらエッチな話題になることもあった。

RとAはあそこの大きさやオナニーの回数など聞いてきたりして、話が盛り上がった。

ある日、またビデオを見ながらいろんな話をしていた。

男子2人は勃起していて、それにRが気付いた。

「やだー、二人とも大きくなってるよー」と言った。

Aも「ほんとだー。

すごーい」と言った。

僕とNは恥ずかしくなって「うるせー。

しょうがないだろ」と言い返して、手でズボンの前を隠した。

その後、色々とエッチな話になり、女子二人があそこを見たいと言い出した。

当然、僕達は恥ずかしいので嫌だと言ったが、エッチなことに興味もある年頃なのでそんなことを女子に言われて興奮してきたが、その日はそれで終わった。

2日後、僕の家で女子二人と遊んだ。

Nは家の用事があるというので来なかった。

話とかしていてこの前のビデオを見たときの話題になった。

僕は冗談で「見せるのはいやだけど、ズボンの上から触ってみる」と言ってみたら、女子も「えー、いいの?興味あるー」と言ってきて触らせることとした。

僕は恥ずかしさもあったが、興味が先立ち、立ち膝をついて触らせることにした。

女子も恐る恐る触ってきた。

「こんな感触なんだ」と言って、二人でズボンをさするように触ってきた。

僕は当然ながら勃起してきた。

ズボンの前がテントになり、女子も「すごい。

すごい」と笑って、勃起したものを握るように触ってきたり、タマを揉むように二人で触ってきた。

その日もそれで終わり、二人にはNには内緒にするよう話した。

数日後に女子2人にまた触らせて欲しいと頼まれた。

僕の方もだんだんエスカレートしてきて今度はトランクス1枚になって触らせた。

また立ち膝をついて触らせた。

恥ずかしさよりも他人に触らせていると言う感覚に凄く興奮した。

女子二人も交互にあそこを握ったりしてきた。

トランクスだったのでタマの辺りを触られていると直に手が当たり、余計に興奮してやがて僕は自分からトランクスを脱いで触らせてあげた。

女子二人もすごく驚いて興味津津で「結構大きいね」といろいろと触ってきた。

あそこを握る力を強めたり、陰毛を触ったりしてきた。

またRがあそこを触っている間に、Aの方は僕の乳首を触りました。

やがて僕はイキそうになり、がまんできずそのまま発射してしまいました。

女子二人も「キャ!」と突然の射精で驚いていました。

精液は前にいたRの服にかかりましたが、「すごい、こんなに出るんだね」と喜んでいました。

数日後にまた3人で僕の家で遊ぶことになり、この前見せてくれたお礼ということで今度は僕が二人の胸を服の上からだが、触らせてもらった。

僕もまた興奮してきて「フェラして」と冗談半分で言ってみたら、女子二人は顔を見合わせ、ちょっと考えたようだったが二人とも「いいよ」と言ってくれた。

僕は全裸でベッドに座り、また直に二人に触ってもらった。

二人でジャンケンをして、最初にどちらが舐めるか決めたようだ。

1分間ずつフェラしてもらうことになり、Aが最初にフェラすることになった。

Aは咥えると言うよりもキスをするような感じで、何度もチュッ、チュッと口ずけた。

僕はそれでも気持ちよくなった。

次にRの晩になり、Rは最初から咥えてくれた。

咥えてゆっくりと口を動かした。

初めての感覚で僕は気持ちよくなってベッドに横になると、Aは僕の乳首をや上半身を舐めてくれた。

かなり女子二人も興奮しているようだ。

Rにフェラされて10回くらい口を動かされると僕は気持ちよくなり、そのままRの口に発射した。

Rはすごい苦しそうな顔をして、ティッシュに出した。

怒られるかと思ったが、Rはびっくりしたようだったが笑っていた。

それを見ていたAも笑っていた。

その後、時々二人にオナニーしているところを見せたり、二人には胸を触らせてもらうというような関係が続いた。

やがて僕はRと付き合うようになり、Aとはあまり遊ばなくなった。

中学を卒業すると4人で遊ぶこともなくなった。

たぶんNはこういうことがあったとは知らないと思う。

ながながとすいませんでした。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*