【エッチ体験談】大好きなカレとの最高の初H体験談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。

沙織です。

JK1年です。

私には付き合って2ヶ月の彼氏、Bがいます。

その日はBの家の近くで花火大会だったのですが、その後も遅くまで喋っていたので、私は最終電車に乗り遅れてしまいました。

うわあ、困ったなあとか話してると、Bは「うちに泊まっていく?」と言いました。

うちはその日はたまたま家族旅行で(私はデートだから行かなかったんです)家には誰もいませんでした。

だから、外泊しても、問題は無かったんです。

けれど、突然のことだし、Bの家族もびっくりするだろうと思って「それは、みんなに悪いよ~」と言うと「うち、親(母)は海外出張で姉ちゃん友達と旅行にいってるから誰もいないんだ」(Bの家は母子家庭です)それならと、泊まらせてもらうことにしました。

家に着くと彼はおねえちゃん(大学1年)のパジャマを貸してくれたり、お風呂を沸かしてくれたり最高のおもてなしをしてくれました。

そろそろ寝ようという話になった時は、一瞬、戸惑いました。

Bは「じゃあ、沙織は姉ちゃんのベットで寝て。

俺、自分の部屋で寝るから」私はホッとして、「ありがとう」と言い、お姉さんの部屋へ行きました。

少し残念な気もしたけど、彼が優しくしてるのが嬉しかった。

でも、やっぱりなかなか寝付けなかったんです。

緊張してたんですね。

だから、枕をもってBの部屋に行きました。

Bも寝付けなかったみたいで、音楽を聴いていました。

「ん?どうしたん?」「ひとりじゃ眠れなくて」Bは布団を自分の部屋に運んでくれました。

私はその間に、Bの部屋に飾ってあった小さいとき(幼稚園ぐらいかな?)の写真を見つけました。

「かわいい~」と言ってるとBは恥ずかしがって「返せよ~」と言ってきました。

そのうち追いかけっこみたいな状態になって、不意にベッドでBがあたしに覆いかぶさるような形になってしまいました。

私は目を閉じてキスを求めました。

Bは優しく唇を重ねてきました。

Bに写真を渡すと、彼はベットの棚に写真をおいて、今度はディープをしてきました。

そして優しくパジャマのボタンをはずしてきました。

私はされるがままでした。

そのとき既に、オマンコは濡れていたんです。

Bにブラをとられて、オッパイを揉まれました。

Bの唇は、私の首筋から胸にさがってきて、Bの優しさが温かかったです。

そして、Bの指は、ついに私のおマンコに……。

くちゅ、って音がなりました。

恥ずかしくて顔をそむけます。

どんどんピストンが激しくなっていって思わず声が漏れました。

突然Bが「女の人って不思議だね」。

私は喘ぎ半分に「どうして?」と訊きました。

「いつもは背が小さくて可愛い沙織が、こんなに色っぽい顔してる」恥ずかしかったけど思わず笑顔になってしまいました。

指で激しく刺激されて、もうオマンコはぐちゅぐちゅ。

早く入れて欲しくてたまらなくなり、Bも耳元で「いれてもいい?」と囁きました。

「うん」頷くとBはゴムを机から出してハメました。

私はBが本当に好きだったので、「ゴムなんていらない。

生ではいってきて」と言ったけれど、Bは「もし妊娠したら沙織がかわいそうだから」と言いました。

そんなBの言葉が嬉しくてますます愛しくなりました。

そしてゴムをした彼ははいって来ました。

いっぱいピストンされました。

初体験だったんですが、私は毎日オナニーしてたせいでしょうか、痛くはなくて、それどころか、すごく感じてしまいました。

そのあとフェラをして……最高の初Hでした。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*