【エッチ体験談】大人びた塾の生徒に教えられて初体験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今年の4月から社会人になったまさとです。大学4年の時、4月に早々と就職を決めた僕は塾講師のアルバイトを始めました。後輩の紹介で入った比較的小さな塾です。僕が受け持ったのは中学2年の英語と国語。生徒数は15人くらいでした。雇われて早々、クラスのひときわ目立つ美人の存在に気づきました。

名前は沙織といって、顔はモー娘の吉沢ひとみをちょっとツンとさせたようなかんじで一見、18くらいに見える大人びた子です。それとなんといっても背の高い子でした。168くらいある子で170の僕と同じくらいなんです。胸の発育も早く、ブラも大人用のものをつけていました。夏に白いTシャツから透ける黒や水色のブラはかなり刺激的で仕事中ずっと勃起していたほど。7月のある日でした。仕事も終わりさっさと帰ろうと駅まで歩いていると駅前の本屋で立ち読みをしている沙織を発見しました。ひと声かけると驚いた様子でしたが笑顔が帰ってきました。「途中まで一緒に帰ろう」と言われ駅まで向かいました。はっきり言ってめちゃくちゃ緊張しました。

アルバイトとしては不まじめだった僕は授業中以外はとくに生徒と接することもなく、仕事が終わると適当に報告書を書いてさっさと帰っていたので沙織がどんな子かはよく知りませんでした。2人きりで話してみてわかったのは沙織は学校のクラスでもリーダーシップをとれるような子だ、ということです。勉強もそこそこ、性格もまあ明るい子で、なにより背が高く美人なので存在感のある子でした。気の弱いやつだったらビビってしまうくらいの鼻っ柱の強いところもありました。帰る方向が一緒だったので、2人して乗り込んだ電車の中で、沙織が突然言いました。「先生、授業中私の胸ばっかり見てるでしょう?」図星でした。冷や汗をかきつつ適当にごまかしましたが、「いいのよ、別に見てたって」と言ってきたので「じゃあこれからもじーっと見るよ」と答えておきました。私の降りる駅についたので別れを告げようとすると、なぜか沙織も降りました。「この駅からも帰れるから」と言ったので「そうなんだ」とだけ言っておきましたが駅の改札を出るころにボソっと「先生の部屋行ってもいい?」といわれビックリしました。生徒との恋愛は堅く禁じられてましたが、就職も決まっているし、クビになってもべつに困ることはないので緊張しているのを悟られないように平静を装いつつ「いいよ」とだけぶっきらぼうに言いました。でも沙織には全部見抜かれていたようです。私の部屋に入って適当に部屋を見て回り10分ほど経ったころ「先生、私のほうを見て」といわれたので振り向くと沙織がニヤニヤしながら立っていました。そして私の手を取り、自分の胸まで持っていきました。おそらく沙織は私をからかっていたのでしょう。「触りたかったんでしょ?」と言う沙織の顔はちょっといたずらをしている子のようでした。なんでも沙織は小6のころにすでに高校生と付き合って処女を捨てていたようで、かなり経験豊富なようでした。私は恥ずかしながら大学4年までシャイな性格が災いし女性と付き合ったこともなく、童貞を守り抜いていたので急な展開に緊張と驚きで呼吸が乱れていました。気づかれまいといくら頑張っても全身がガクガクと震え、沙織の胸の上に置いた手から沙織の体へ伝わってしまいました。情けない話ですが、沙織のほうが一枚も二枚も上手だったようです。「先生、もしかして童貞?」と聞かれたときには恥ずかしくて顔が真っ赤になっているのが自分でもわかるほどで「うん」というのが精いっぱいでした。「ウフフ」と完ぺきに優越感に浸った笑みを浮かべながら沙織はさらに私をからかい「ブラとって」と言ってきました。私はなれない手つきで服をぬがしブラもとりました。沙織の胸は形のよい美乳でCカップかDカップはありそうでした。結局「私が全部教えてあげるから大丈夫よ」という沙織の言われるがままに愛撫の仕方やクンニの仕方を教わりセックスをしました。情けないのとうれしいのとで複雑な気分でしたが、やっと童貞を捨てられるうれしさが強かったと思います。

沙織の胸にむしゃぶりつくように延々とモミモミする私を見てその幼稚さがかわいく見えたのでしょう。「まさと、いっぱい揉んでいいのよ」と言って、もう完ぺきに立場は逆転しました。10歳も年下の子にこんなことを言われるなんて情け無いことではあるのですが。しかしいざ挿入するときに問題が起こりました。過度の緊張のためか、いざ挿入しようとするとチンポが萎えてしまうのです。フェラなどで勃起まで導いてもらい30分くらいかけて挿入には成功しましたが、結局マンこの中でフニャチンになってしまいました。

沙織には腰の振り方とかをいろいろと教わりましたが、私はどうも遅漏のけがあるらしくなかなかイケませんでした。オナニーのしすぎということも原因の一つでしょう。結局その日はさおりのゴムなしでおっぱいで挟んでもらい、ようやく発射に至りました。その日から何が何だかわからないまま沙織のいいなりの立場になってしまった私は塾でこそ気を使っていましたが、休日などにデートするようになりました。向こうとしては遊びの積もりだったのかもしれませんが、ウブな僕は本気になってしまいました。なんで沙織が僕のことを気に入ったのかはわからないし、関係がこわれそうなので怖くて聞く勇気もなかったのですが。翌年の2月までこうした関係を続けていましたが、結局一回も膣内射精には成功しませんでした。沙織は「気にしなくていいのよ たまにこういう人いるから」と言ってくれて、いつもゴムなしでパイズリしてイカせてくれました。中学生にセックスを教えてもらって、失敗した揚げ句にパイズリしてもらってやっとイカせてもらうなんて男として失格もいいところです。男としては心の傷になりました。何年もオナニー三昧だったので体がセックスにうまく対応できなかったようです。だから厳密にはまだ童貞なのでしょうね。大人顔負けの性のスキルとスタイルの子だったのできっと今ごろはさらに色っぽい女の子になっているのでしょう。いつもいざという時にフニャチンになってしまう僕を傷つけないように慰めながら、コンドームを外してかたちのよい大きな胸で挟んでイカセてくれたのに、僕は結局彼女を悦ばせることはできませんでした。私のチンポを見て「ちいさい」とか言ったり、キツイところもあった子でしたがやさしい子だったと思います。気まずくなる僕に「インポだって悩んじゃだめよ。ダメになったらおっぱいでしてあげるから」といつも慰めてくれたことは忘れられません。じっさい僕はグロテスクな女性器よりもおっぱいのほうに興味がいきがちでセックスするときはいつもおっぱいばかり揉んでいました。僕より経験が豊富だった沙織には幼稚なセックスと感じられたでしょうね。大人の女性だったらあきれてしまうでしょうね。就職して東京に引っ越したのでもう会うこともないのですが、またあの絶品のパイズリをされてみたいものです。沙織はもう私になんか興味ないでしょうけど


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*